toggle
山梨県の注文住宅工務店
2019-12-10

土間のある家

気候風土の豊かな笛吹市にて着工の、土間のある家
長期優良住宅、耐震等級3、設計・建設両性能評価を添付した楽建舎標準仕様の家の建築ブログです。

土間のある家 完成
この日はお施主様のご厚意により、完成見学会を開催いたしました。
白いサイディングにキャラメルチークの玄関ドアが洗練された雰囲気の外観
ベランダーの部分はグレーチング施工となっており、来場されたお客様が真似したい!とおっしゃって頂きました。玄関を開けると右手にシューズ・ファミリークロークとなり左手にはすぐにリビングにつながる土間空間。
この設計に驚く方も多かったですが、同時に目の前に広がるお庭の緑と差し込む日差しの暖かさが大好評でした。リビングからキッチン畳コーナー。
たたみコーナーはお子様たちが読書するスペースもかねるとのことで、本棚を設置。
キッチンからリビングや畳コーナーとご家族の気配の感じられる間取りです。
そして見上げるとたっぷりと日差しの差し込む吹き抜け。
省エネルギー住宅では、吹き抜けは断熱効率が悪く寒い?なんてことはありません。
この冬もエアコン1台でとても暖かく快適に過ごしていると、お客様より嬉しい報告を頂いております。

吹き抜けの向こう側はご夫婦の寝室
室内窓から下をのぞくとリビング
吹き抜けのある空間でもとても素敵なペンダントライトを設置。
我が家にも採用したい!というお客様が多かったです。
素敵なテーブル空間になりますね!
土間のある家、11月下旬無事お引渡しとなりました。
着工から5ヶ月あまり、沢山の決定事項をお客様と積み重ねお引渡し時には感慨深いものがあります。
T様の奥様にはお問合せ頂いてから、沢山の完成見学へご来場頂き、お打合せなどの細かな仕様決定もお忙しいご主人やお子様たちのご意見をまとめお打合せを何度もさせて頂きました。本当にありがとうございました。
建物は完成となりましたが、長期優良住宅のメンテナンスを含め
今後も末永いお付き合いをさせて頂けますようお願い致します。
T様との出会いにスタッフ一同感謝しております。

土間のある家 気密測定
楽建舎では完成した物件全てに全棟気密測定を実施しています。
C値の値が小さいほど隙間が少なく、気密性が高い事を表しています。
大きな吹き抜けのある土間のある家、気密測定を実施した結果はC値0.9㎥/㎡でした。
山梨の基準はC値 5ですので大きく上回る良い測定値です。
気密住宅をうたっていても実際に数値を測定する会社はわずかです。
是非冬暖かい家を建てたい!
という方は住宅メーカーへC値の値を尋ねてください。

土間のある家
土間のある家大工工事も終盤に差し掛かっています。
ボードが貼られクロス業者さんの施工がもうすぐ始まります。

 

土間のある家 断熱材施工dannnetsu土間のある家
断熱材の施工が始まりました。
ここでは、「長期優良住宅」における断熱基準に基づき断熱材が施工されます。
長期優良住宅では、断熱性能の認定基準「断熱等性能等級4」であることが求められます。(等級は1~4の4段階)
また、一階では大工さんが階段の施工中、石膏ボードも貼られ来月にはクロス施工となる予定です。

2019.09.25

土間のある家 大工工事②
大工工事
土間のある家
フローリングの施工が始まりました。
1・2階で大工さんが作業を進めております。
2019.09.06

土間のある家 大工工事
吹き抜けから
土間のある家
建物内部では一部石膏ボードや断熱材が入れられ着々と工事が進んでいます。
どの部屋からも吹き抜けから階下を見下ろせるようになっております。
家族の気配が感じられる空間となるのが今から待ち遠しいですね。
2019.08.29

土間のある家 電気打合せ

土間のある家、大工工事も順調に進み本日は電気打合せでした。
お施主様にも暑い中ご協力頂きスイッチやコンセント位置、エアコンなど細かな部分まで詰め、電気工事も始まります。
2019.08.19

土間のある家 上棟

連日猛暑がニュースでも伝えられている中、この日もお隣の甲州市では38度!
1時間おきに熱中症予防の休憩をはさみながらの上棟となりましたが
お施主様へも差し入れのご協力頂き、屋根まで無事上棟となりました。

土間のある家 床断熱施工

土台敷きが終わり、床断熱が施工されました。

土間のある家 基礎完成

土間のある家、基礎が完成しました。
設計検査も終え来週には土台敷き・上棟を迎えます。

土間のある家 基礎配筋検査

土間のある家、第三者機関による基礎配筋検査が行われました。
指摘事項なく、無事適合となり次の工程へ進みます。

土間のある家 基礎着工

土間のある家基礎着工しました。
いつも丁寧な仕事のT組さんの職人さんが根切り・捨てコンと作業を進めています。
このところ雨が多く工程が進まずにいたのですが、晴れ間を狙って着々と進めております。

土間のある家 地鎮祭

令和直前のGW、笛吹市にて地鎮祭を執り行いました。
今回の宮司さんはお施主様のお子様の通った保育園の園長先生でもあり
大きく成長された様子に懐かしく会話を交わされる場面もあり和やかな雰囲気の中
お天気にも恵まれ、鍬入れの儀、床鎮めの儀と滞りなく行われました。
この日は敷地内にある祠もこれを機に新しくということで、こちらもご祈祷頂きました。

これから着工となりますが、工事を安全に行うとともにお引渡しまでしっかりと進めさせて頂きます。

土間のある家 住宅模型
甲府盆地の東寄りに位置する笛吹市、山梨県特産の桃や葡萄の産地でもあるこの土地に2019年夏、新たに土間のある家を建築することになりました。
昔ながらの「土間」というスペースを間取りの中に配置することにより、”暖炉”や”家庭菜園”、”アウトドアリビング”としてなどライフタイルを楽しむスペースが広がり週末が楽しみになる。
そんな家をお施主様とともに設計し施工する様子をお伝えしていきます。

建築に関してのご相談は希望日時を記入して
お問い合わせフォームへ
お問合せフォーム

建築のご相談・資料請求は下記まで
〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田1799-1
tel:055-279-1133
fax:055-225-4888

メールでのお問い合わせは24時間365日受けつけております。
お気軽にお問い合わせください
営業時間 8:00-18:00

関連記事