toggle
山梨県の注文住宅工務店

長期優良住宅とは

楽建舎では「長期優良住宅」に対応しております。家づくりには多くの資源とエネルギー。そして多くのお金を使います。「長く大事に使う」ことはエコ視点からも大事なことなのです。住宅を長く大事に使い子孫に住み継ぐと自然と住宅にかけるコストは少なくてすみます。その分、家具を吟味したり、お気に入りの絵を飾ったり・・・暮らしを楽しむ「ゆとり」が生まれるのではないでしょうか。

長期優良住宅とは

長期優良住宅の普及の促進に関する法律が平成21年6月4日施行となりました。この長期優良住宅の目的とは「良質な住宅普及を促進し環境負担の軽減をはかり、良質な住宅ストックを将来に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図る」というものです。

それにより長期優良住宅に対する税の特例処置が建築される方へのメリットのひとつになります。

長期優良住宅のイラスト

長期優良住宅の認定条件

主な長期優良住宅の認定基準は次の通りです。

  • 認定基準:長期優良住宅の認定基準の達成
  • 住宅保全計画:30年以上の維持保全に関する計画書の作成
  • 住宅履歴:建築および維持保全に関する記録書の作成・保全
  • 住宅の規模:戸建住宅は75平米以上の住宅
  • 資金計画:建築・維持保全を遂行するにあたり適切な資金計画

お施主様のメリット

ではお施主様にはどんなメリットがあるのでしょうか? お施主様には大まかに3つのメリットがあります。

  • 性能面のメリット
  • 経済面のメリット
  • 住まいやすさのメリット

では具体的にどんなメリットの内容なのか解説します。

性能面のメリット

構造躯体の耐震性[耐震等級2]

きわめてまれに発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化をはかるため、損傷のレベルの低下をはかること。すれ壁量、壁の配置、床倍率、接合部、基礎、横架材について計算により耐震等級2以上の基準をクリアする。

構造躯体の耐久性[劣化対策等級3]

劣化対策等級3に加え、床下および小屋裏空間ごとに点検口の設置と床下空間の有効高さを330mm以上とすること。ただし浴槽を設置する部分等やむをえないと認められた部分にあって、床下空間の点検に支障をきたさない場合はこの限りではない。

こちらの要件とすれば外壁を通気構造とし、かつ次のいずれかとする。

  1. 地盤面(GL)から1m以内の部分の防腐・防蟻処理
  2.  D1+小径120mm以上
  3. 柱の小径135mm以上
  4. D1特定樹種であること

経済面のメリット

住宅ローン控除の優遇

一般住宅
 居住開始年  控除対象限度額  控除率  控除期間  最大控除額
 H21  5000万円  1.0%  10年間  500万円
 H22  5000万円  1.0%  10年間  500万円
 H23  4000万円  1.0%  10年間  400万円
 H24  3000万円  1.0%  10年間  300万円
 H25  2000万円  1.0%  10年間  200万円
認定長期優良住宅
 居住開始年  控除対象限度額  控除率  控除期間  最大控除額
 H21  5000万円  1.2%  10年間  600万円
 H22  5000万円  1.2%  10年間  600万円
 H23  5000万円  1.2%  10年間  600万円
 H24  4000万円  1.0%  10年間  400万円
 H25  3000万円  1.0%  10年間  300万円

実際に住宅ローンの借り入れ金額を5000万円という方は少ないですので、たとえば年収400万円で扶養家族2人住宅ローン2500万円を金利2.4%で35年借り入れした場合、92,200円が10年間、所得納税分より控除されます。

登録免許税の税率軽減

登録免許税 一般住宅 長期優良住宅
保存登記  1.5/1000  1.0/1000
移転登記  3.0/1000  1.0/1000
抵当権設定登記  1.0/1000  1.0/1000

不動産取得税の軽減

不動産取得税 一般住宅 長期優良住宅
 不動産取得税  1200万円控除  1300万円控除

固定資産税の軽減

固定資産税 一般住宅 長期優良住宅
 固定資産税  1/3年目   1/2軽減  1/5年目  1/2軽減

こちらが長期優良住宅に対する税の特例です
国土交通省 pdf

住まいやすさのメリット

維持管理・更新の容易性

家を長期間使用すると、途中で取替なくてはならない部分が出てきます。水道・ガス管・下水道管など、骨組みに影響を与えずに修繕が行える様にしてあります。

省エネルギー

高断熱高気密という仕様から、天井・壁・床・開口部の断熱性が高く外気温度を極力、家の中に持ち込まないよう設計されており、冷暖房費用の節約に繋がります。

維持保全計画

「構造耐力上主要な部分」「雨水の浸入を防止する部分」「給水・排水の設備」上記の点検時期・内容を定め、「維持保全計画」に記載しなければならず、少なくとも10年ごとに点検を実施し、最低30年間の実施が義務付けられています。

まとめ

家づくりには多くの資源とエネルギー。そして多くのお金を使います。「長く大事に使う」ことはエコ視点からも大事なことなのです。

住宅を長く大事に使い子孫に住み継ぐと自然と住宅にかけるコストは少なくてすみます。その分、家具を吟味したり、お気に入りの絵を飾ったり・・・暮らしを楽しむ「ゆとり」が生まれるのではないでしょうか。