夏涼しい、冬暖かい健康的な注文住宅にするために必要なこととは?|甲斐市の工務店が解説

注文住宅をお考えの方にとって、季節の温度変化に対応できる家づくりは理想的ですよね。

暑い夏や寒い冬に家に閉じこもって暖房や冷房に頼るのも、空気がよどんでどんよりした気持ちになります。

換気は重要と分かっていてもなかなか夏と冬はうまくできないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、エアコンなどを極力使用しないで、夏涼しく冬暖かい家に住むための方法をお教えします。

・夏涼しく、冬暖かい家にするための方法

1.すだれや緑のカーテンなどを利用する

日本の昔ながらの遮熱法には意外と効果があるものです。

日光から家屋が吸収する熱は大変大きいもので、家自体を変えずともその表面に工夫をすることで、暮らし良い環境にすることができます。

ホームセンターなどで売っているものも多いので一度試されてみてはいかがでしょうか。

2.色を考える

ご自宅の壁や屋根の色を検討されたことはありますか?

黒に近いほど太陽光からの熱吸収をしやすく、白に近いほど太陽光を反射しやすくなります。

家の壁を通して吸収された熱が、夏の室内の気温の上昇につながっていることもあり得ますのでチェックするとよいかもしれません。

3.窓の断熱を考える

室内の気温は実は窓からの影響が大きいです。

断熱窓にする、窓に断熱シートを張るなど様々な方法がありますが、お気軽にできることから始めて見てください。

4.パッシブデザインの家を検討する

注文住宅をお考えの方にお勧めしたいのがパッシブデザインの家です。

パッシブデザインとは、自然エネルギーを有効活用することによって、自然に夏涼しく冬暖かい家になるように設計された家で、太陽光や風を最大限活用して快適な暮らしをサポートします。

家の設計の段階から断熱性や遮光性といった要素を加味して作られるため、家全体として季節の温度変化に対応できます。

また、自然を活用することで温度調節を図るため、身体にも優しいのがパッシブデザインのメリットとも言えます。

夏冬共に快適に過ごすための家づくりについてご理解いただけましたでしょうか。

注文住宅をお考えの方には特に、自然かつ快適に過ごせる家づくりをお勧めいたします。

季節の温度変化に負けない、健康で快適な家づくりを目指されてみてはいかがでしょうか。

楽建舎では、断熱性などの機能をしっかりと持った快適で過ごしやすいお客様の家づくりを全力でサポートいたします。ぜひお気軽にご相談ください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう