高気密高断熱の注文住宅のメリットとは|甲斐市の工務店が解説

皆さんはマイホームを建てるときにどのような要素を重要視するでしょうか。

庭があることや自分の理想通りの間取りであること、または交通の便が良いことなどを重要視されるかと思います。
中でも、一年を通して気温的に快適に過ごせるということは多くの方が気にする部分ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今回はそのような夏場・冬場を通して快適な住まいを実現したい方に、高気密高断熱という住まい
のご提案をいたしごます。
□快適な住まいのためには
まずは一年を通して快適な住まいを実現するためには、どのようなことをすれば良いのかを簡単に
ご紹介します。
一年を通して住まいの気温を安定させるためには、屋外の気温の変化を受けないことが大切です

□高気密高断熱とは
そこで高気密高断熱という提案にまいります。高気密高断熱という言葉は「気密性が高い」「断熱
性が高い」という二言に分けることができます。
では次に、気密性や断熱性が高いことの意味を解説します。
・高気密
気密性とは屋外と屋内との空気の流通を防ぐ性能のことです。冬場に暖房を使用しているのにな
かなか温まらない原因は、隙間から外気が流入していることが考えられます。
・高断熱
断熱性とは熱伝導を減少させる作用のことです。同じく冬場になかなか家の中が温まらない原因
として、窓ガラスから熱が逃げているということはよくある話です。

そこで以上の二点を改善することで、室内の環境を一定に保とうという発想のもとに建てられる住
まいが、高気密高断熱の住まいなのです。言い換えると、高気密高断熱にすることで一年を通し
て快適な住まいを実現することができるのです。

□パッシブデザインという選択
では住み良い住宅にするには、高気密高断熱の住まいにするしか方法はないのかと言われれば
、そうではありません。

パッシブデザインという選択があります。パッシブデザインとは建築学の観点から排熱が良い設計
や蓄熱効果の高い設計をすることで、機械的な設備を使用せずに快適な温度環境の住まいを実
現しようとするものです。

高気密高断熱の住まいの場合は、最低限エアコンなどを使用しその効果を最大化するというもの
です。一方でパッシブデザインではそもそもエアコンなどを使用しなくても住み良い環境をつくり出
せるという違いがあります。

□おわりに
快適な住まいのためには高気密高断熱という選択肢とパッシブデザインという選択肢の二つがあ
ることをご理解いただけたでしょうか。住まいの場所によってはパッシブデザインによって最大級の
効果を生み出すことができます。
注文住宅でマイホームをお考えの際にはぜひ一度検討してみてください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう