注文住宅によるZEHってなに?一般住宅との違いを甲斐市の工務店が解説

注文住宅を考えていらっしゃる方、ZEHというのはご存知でしょうか?
また、ZEHと一般住宅の違いはご存知でしょうか?
そこで今回は、ZEHに関しての説明と一般住宅との違いを説明していきます。


□ZEHとは
ZEHとは(Zero Energy House)の略で、消費エネルギーがゼロの住宅のことをいいます。
現在、日本でのエネルギー自給率が低いことが問題視されています。
日本でのエネルギー消費率の約15%は一般家庭で消費されています。
この数字は石油危機の約2倍だといわれています。
また、2011年の東日本大震災後、原子力発電所の停止などを原因とする、電力需給のバランスの
崩壊、エネルギー価格の不安定化など、安定していると思われていた国内のエネルギー事情に、
問題が発覚しました。
このようなことから、一般家庭における省エネルギーの重要性について見直す必要があるとされて
います。
そこで、注目されているのがZEH住宅です。
ZEHとは、住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、
エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする
住まいのことをいいます。
□ZEHと一般住宅の違い
*構造
ZEH住宅の構造は一般住宅と違い、住宅構造そのものの省エネ化、つまり、壁や窓の断熱化、夏
季における日射の遮蔽屋根、自然の涼風の取り入れなどが可能となる構造をしています。
エネルギーが無駄に消費されるのを避けるため、冷暖房設備の代わりに自然エネルギーを利用
できるような間取りであり、光熱費などを抑えることができます。
*補助金制度
日本のエネルギー問題に一般家庭の方がもっと意識を向けてもらえるように、政府は、ZEH支援
事業を行なっています。
これは、ZEH住宅を新築した方、購入した方、ZEH仕様へ改修した方などに補助金を給付すると
いう支援事業です。
*電気代
ZEH住宅と一般住宅で、同じレベルの生活を送った場合に年間いくら光熱費が節約できるのかを
30坪程の物件でシミュレーションにより比較した場合、
暖房・冷房費    24,800円
給湯費       19,900円
換気費        2,500円
照明費       12,650円
(合計金額)    59,850円
合計金額にプラスして、太陽光発電分により電気の買入れが減少する分の30,160円/年をプラス
したとすると、1kWh=24円として換算した場合、節約できる金額は年間約9万円とされています。
□まとめ
今回はZEH住宅と一般住宅の違いに関して説明してきました。
ZEH住宅には様々なメリットがあります。
ぜひ、興味を持っておられる場合は、楽建舎にお問い合わせください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう