注文住宅をお考えの方に紹介したいパッシブデザインとそのメリットとは|甲斐市の工務店が解説

注文住宅づくりでは、健康に気を使った家づくりにしたいという方や、エコな家にしたいという方も多いのではないでしょうか。

長く住む家ですから、安全でいつまでも住み心地の良い家にしたいものですよね。

今回は、健康やエコを重視した家づくりを目指したい方に知って頂きたいパッシブデザインについて、その特徴とメリットをお伝えいたします。

 

・パッシブデザインとは

パッシブデザインという言葉を聞いたことがあるでしょうか。馴染みのない方もきっと多いのではないかと思います。

パッシブデザインとは、太陽光や風などの自然のエネルギーを活用することで、温度調節を行うものです。これは、一般的な家では窓を閉め切ってエアコンなどで温度調節を行うことに比べると対照的です。

なおパッシブという言葉には「受け身の」という意味がありますが、ここでは、温度に対してエアコンなど自分たちが機械で能動的に働きかける(アクティブ)のではなく、自然のエネルギーが入ってくるものを受け身として活用するという意味です。

パッシブデザインでは、自然エネルギーを活用するために様々な手法がとられていますが、総じて効果としては、エアコンなどの設備を極力使わずとも夏涼しく冬暖かい、住み心地のいい家を目指すものといえます。

・メリット

1.電気代等の節約

パッシブデザインの家では、極力暖房冷房設備を使わずとも快適に暮らしができるように設計されているため、そこにかかる電気代やガス代などを節約することができます。

また、採光面でも太陽光をしっかりと活かすことで、無駄な部屋の電気をつけずに済みます。

2.身体にやさしい

エアコンなどの空調設備の使用は、化学物質やほこり、アレルギー物質を空気中に含む原因になる可能性があります。

小さなお子さんがいるご家庭などでは特に気を付けたいポイントですよね。

パッシブデザインでは、自然由来のエネルギーを活用するため、そういった危険性を排除することができます。

お子さんにきれいな空気を吸わせてあげられるのも一つのメリットではないでしょうか。

3.快適な環境で暮らせる

パッシブデザインを導入すると、温度変化がきわめて緩やかな空間で生活できます。

機械による温度調節では、急激な温度変化で体調を崩される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パッシブデザインの住宅では、なるべく外の気温に近く、住環境に適した温度変化で暮らを送ることができ、気持ちよく日々を過ごせます。

パッシブデザインについてすこしでもご理解いただけたでしょうか。

様々なメリットがあり、特にお子さんのいらっしゃる家庭にもピッタリではないかと思います。

自然に近い環境で快適かつ健康に日々を過ごすためのパッシブデザインを検討されてみてはいかがでしょうか。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう