Blog

新築を工務店で建てるメリットは?意外と知らない工務店の魅力!

「工務店にメリットってあるの?」

「工務店のメリットって安いだけじゃないの?」

このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

確かに、家を建てるとなった時にまず思い浮かぶのは、大手ハウスメーカーかもしれません。

そして、予算に限界がある方が工務店で家を建てるようなイメージではないでしょうか?

しかし、工務店には工務店のメリットがあります。

 

◆価格

やはり、皆さんもご存知の通り価格の安さは大きなメリットです。

ハウスメーカーと違い、広告費が上乗せになっていないため、ハウスメーカーより価格を安く抑えることができています。

また、設計から施工まで自社で行う工務店では仲介業者を通さないため仲介料がかからないという理由もあります。

しかし、時には人件費を削ったり、必要な作業を飛ばしたりすることで価格を抑えるような工務店もあるため、見積もりの段階でできる限り細かく施工内容まで聞くことが重要になってきます。

 

◆デザインと設計の自由度の広さ

ハウスメーカーでは住宅を規格化しているため、ある程度は変えられてもその幅は決まっています。

対して、工務店はほとんど制限がないため、お客様の要望に全力で答えることができます。

その上、計画から施工まで自社で行う業者では担当の方が同じであるため、非常に親密な関係を築くことができ、遠慮することなく理想を伝えることができるケースが多いです。

そのような関係性と設計の自由度の高さは大きなメリットです。

 

◆施工段階に入ってからでも変更が利く場合がある

工務店では設計から施工まで一貫して行う会社が多く、施工段階に入っても柔軟に対応してくれることが多いです。

ハウスメーカーだと設計まではハウスメーカーで行い、施工は指定の下請け業者が行うため、施工段階に入ってしまうとなかなか変更は利きません。

そう考えると工務店ならではのメリットであると言えるでしょう。

 

◆まとめ

いかがでしたか?

今回は工務店に焦点を当てましたが、ハウスメーカーにはハウスメーカーのメリットがあり、工務店には工務店のメリットがあるということを理解してもらえればと思っています。

 

工務店はその土地に根付いていることから、その土地の風土や気候をよく理解しているため、その土地にあった住宅がどのような住宅なのかもよく理解しています。

そのような住宅を求める方は、工務店に相談してみてはいかがでしょうか?

 

エコ住宅で光熱費を抑えよう!省エネにはどんな方法がある?

家を建てる際、省エネについて考えることは非常に重要です。省エネ設備を導入することにより、地球環境保護に貢献できるだけでなく、光熱費を抑えることができます。もちろん、設備の導入にはコストがかかりますが、長い目でみると経済的にもお得になります。今回は、家を建てる前に知っておきたい、省エネの具体的な例をご紹介したいと思います。

◯照明設備

照明の省エネとして効果的な対策は、高効率な照明器具を選ぶことです。LED照明を白熱電灯や蛍光ランプと比較した時、LED照明は大幅な省エネ効果を得ることができます。LED照明は、白熱電灯や蛍光ランプに比べて高価にはなりますが、取り替えにくい場所や長い間点灯する場所などから優先に設置すると良いでしょう。

 

◯給湯設備

住宅で多くのエネルギーを使うのは「給湯」です。そのため、給湯設備の省エネ化を図ることは非常にコスト削減に有効です。代表的な例を以下に紹介します。

 

・エコジョーズ

ガスの瞬間式湯沸かし器です。従来のガス給湯器で利用されていなかった排ガスが持っている熱を利用します。排熱を利用して効率よくお湯をつくるので、通常のガス給湯器よりもガスの使用量が低減し、ガス料金の節約につながります。また、省スペースなので設置も簡単で、バリエーションも豊富です。

 

・エコキュート

エアコンと同じでヒートポンプの原理を利用し、空気中の熱エネルギーを集め、その集めた熱エネルギーでお湯を沸かします。オール電化の場合、エコキュートを利用することになります。使用する電気エネルギー量より多くの熱エネルギーを作ることができます。ここで利用するのは深夜の安い電力です。作ったお湯を貯水タンクの中に貯めておく仕組みです。貯水タンクが大きいため、比較的大きな設置スペースが必要になります。

 

◯調理設備

キッチンの省エネ設備といえば、IHクッキングヒーターです。ガスを使わないで電気のみで稼働する調理器具です。鍋そのものを発熱させるため、まわりの空気を熱するといったロスが少なく、より高い熱効率を実現できます。使用時に火が出ないため、子供からお年寄りまで安全に利用できます。二酸化炭素も発生しないため、部屋の中の空気も汚しません。掃除も拭くだけで良く、省エネ以外のメリットがたくさんあると言えます。

 

-まとめ-

いかがでしたか?今回は、エコ住宅の照明・給湯・調理における省エネ設備をいくつかご紹介しました。家を建てる際はぜひ、今回ご紹介したような省エネ設備を導入し、環境にやさしく、光熱費も削減できる家づくりを行ってください。

 

太陽光だけじゃない!エコ住宅の「創エネ」の例を紹介

近年、エコ住宅の建設において、エネルギー消費量を少なくする省エネだけでなく、エネルギーを自ら生み出す創エネの必要性が高まっています。最近注目されているZEH(ゼロエネルギー住宅)では、創エネ設備の導入は必須です。今回は、エコ住宅における「創エネ」の例をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

◯最も一般的な 太陽光発電

屋根などに太陽光パネルを設置し、太陽光が当たることによって発電します。この電気を家庭で使用できる電気にパワーコンディショナを使って変換します。二酸化炭素や有害物質を排出しない、非常にクリーンな方法です。太陽光発電で、家庭の消費電力をまかなうことが可能で、さらに余った電気は、電力会社に売ることもできます。

 

◯風力発電

風力発電は太陽光発電システムを導入するよりも初期費用を比較的抑えることができます。その名の通り、風の力を利用して発電します。風力発電の発電量は設置場所の年間平均風速に応じて決まります。年間平均風速6m/sがあれば、太陽光パネル1枚分の発電効果が得られると言われています。しかし、年間平均風速6m/sの地域はほとんどないので、風力発電のみで電力を得るのはハードルが高いのが現状です。

 

◯エネファーム

エネファームは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムのことです。燃料電池とは、水素と酸素を化学反応させることで電気を生み出す電池です。水素と酸素を反応させれば水がうまれます。この時に発生するエネルギーを電気として取り出すというメカニズムです。化学エネルギーを直接電気エネルギーに変えるため、環境汚染物質が出ないことや、騒音や振動が少ないことがメリットです。また、水素と酸素が反応する際に発生する熱エネルギーでお湯をつくり、給湯や温水式床暖房に利用することも可能です。

 

◯エコウィル

エコウィルは、ガスでエンジンを動かすことで自宅で発電するものです。発電の際の熱エネルギーを利用してお湯をつくり、給湯や温水式床暖房や浴室乾燥機などと接続することもできる、家庭用ガスコージェネレーションシステムです。電気をつくり、その排熱で温水をつくるので、エネルギーの無駄を減らすことができるのが特徴です。エネファームとともに、給湯や床暖房を多く使用する家庭にメリットが大きいといえるでしょう。

 

-まとめ-

いかがでしたか?自家発電には複数の方法がありますが、発電効率や導入コストはそれぞれ異なります。複数の発電方法を組み合わせるという手段も可能です。家を建てるにあたって、創エネシステム導入を検討されている方は、太陽光発電以外の選択肢もあるということを知っておいてください。

 

マイホームを建てるならどっち?ハウスメーカーと工務店の比較

新築マイホームの購入をお考えの方の中で、ハウスメーカーと工務店どちらに依頼するか迷われている方も多いと思います。新築住宅購入は人生で一番大きな買い物ですので、会社選びは非常に大切です。今回は、新築住宅を建てるときの依頼先としてのハウスメーカーと工務店の違いについてご説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

〇価格

ハウスメーカーは、規格化・大量生産によりコストダウンを図っているため、工事にかかる費用だけ注目すると、工務店よりも安いです。しかし、大手ハウスメーカーは、有名な芸能人を起用したテレビCMを毎日のように流していますし、豪華なモデルハウスを全国各地に建設しています。したがって、広告宣伝費、モデルハウスの建築維持管理費、営業マンの人件費など、工事以外のところに莫大な費用がかかっています。そのため、総合的に工務店よりも価格が高くなるのです。工務店はハウスメーカーより20%〜30%安いことが多いです。

 

◯技術力

ハウスメーカーは、その豊富な資金力を活かして、耐震性や断熱性などの研究をしており、高度な技術を有しています。しかし、現場での建築作業に関しては、各地域の工務店に依頼しています。つまり、ハウスメーカーに注文しても地元の工務店に依頼しても、結果として施工するのは地元の工務店であることが多いです。したがって、現場の作業に関しては、ハウスメーカーと工務店とでは、技術力の差はほとんどありません。また、ハウスメーカーに依頼する場合は、その下請けの工務店を選ぶことはできません。

 

◯工期

ハウスメーカーは、マニュアルに沿って大量生産を行い建築を進めていきます。自社工場で、ある程度組み立ててから現場に運び、現場で設置するだけという工法をとる場合もあります。したがって、ハウスメーカーの方が工務店に比べて圧倒的に工期が短いのです。

 

◯信頼性

ハウスメーカーの場合は、社会的信頼があるため安心感はあるといえます。しかし工務店の場合でも、地元では有名であったり、その地域からの信頼を得ているところが多いです。しかし、資本力の小さな工務店も多く、20年後、30年後と残っている保証はありません。その点、アフターサービスの安心感という点では劣るといえます。

 

 

-まとめ-

いかがでしたか?価格・技術力・工期・信頼性におけるハウスメーカーと工務店の違いをご理解いただけたでしょうか。新築住宅を注文する際は、自分が重要視する項目が、コストなのか、技術力なのか、出来上がるまでの時間なのか、信頼性なのかといったところをしっかりと検討してから、目的に合った会社に依頼するようにしましょう。

2018-03-23 | Posted in Blog, 耐震等級3, 長期優良住宅No Comments » 

 

エネルギー消費量がゼロ?今話題のZEH(ゼッチ)とは?

省エネ住宅、エコ住宅が注目される中で、ZEH(ゼッチ)という言葉を聞いたことはありますか?ゼロエネルギー住宅とも呼ばれますが、エネルギーがゼロとはどういうことか疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。今回は、今話題のZEHについてご説明したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

◯ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy Houseの略称で、エネルギー消費量がゼロの住宅のことです。人間が生活するのにエネルギー消費量をゼロにするのは不可能だと思われる方もいらっしゃるでしょう。ここでの「ゼロ」とは、省エネによりエネルギー消費量をできるだけ少なくすると同時に必要なエネルギーを自ら生み出すことで、エネルギー消費量を実質ゼロにする、すなわちプラマイゼロという意味です。

これまでにも、住宅設備にはさまざまな省エネシステムが取り入れられてきました。ZEHは、この省エネシステムに加えて、太陽光発電から得られる「創エネルギー」を導入することで、使う電力よりも創る電力を多くしようという住宅です。

 

◯ZEHが注目される背景

現在、地球温暖化の原因となるガスの排出量削減が世界的な課題となっています。国内においても、住宅の省エネ化は最重要課題のひとつです。

ZEHが注目されているの理由は、全力でZEHを普及させようとしているからです。政府は、2020年までにZEHを標準的な新築住宅とする(ハウスメーカー、工務店等が作る新築住宅の過半数がZEHとなる)ことを目指し、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すという目標を定めています。そのため、新しく家を建てる方がよりZEHを導入しやすいように、国から補助金が交付されます。

 

◯ZEHの定義と実現する方法

ZEHの仕様を満たすには、「1次エネルギー消費量」を再生エネルギーでゼロにする必要があります。日常の生活で消費するエネルギーがすべて1次エネルギー消費量となるわけではなく、対象となるのは冷暖房・換気・給油・照明です。テレビや洗濯機、冷蔵庫などの家電製品の電力消費は対象としません。

ZEHを実現するために必要なポイントは「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つです。断熱性能を向上してエネルギーロスを最小限としながら、HEMSや省エネ設備により消費電力量を減らし、太陽光発電などによる創エネを行うことで、1次エネルギー消費量実質ゼロ以下を目指します。

 

-まとめ-

いかがでしたか?ZEHの意味についてご理解いただけたと思います。これから新築住宅の購入を検討されている方は、地球のために、ZEHにすることをおすすめします。

2018-03-20 | Posted in Blog, ZEH(ゼッチ), 長期優良住宅No Comments » 

 

エコ住宅には欠かせない!知っておきたい断熱材の特徴

「エコ住宅って気になるけど何をしたら良いか分からない。」

そんなことを考えている方はいませんか?

エコ住宅といってもいろいろな種類があります。その中でも今回は高気密高断熱住宅に注目して、欠かすことのできない断熱材の種類と特徴をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

○グラスウール

リサイクルガラスなどを高温で溶かし、細い繊維状に加工した断熱材です。

特徴としては、柔軟性が優れているため、木材の乾燥や収縮にあわせて変化し、柱と柱の間に施工する充填断熱工法などに利用されます。

無機質であるので燃えず、高温多湿のところに長期間置かれても劣化しにくく、吸音性にも優れています。

床、壁、天井とほとんどの場所に使用できます。費用対効果の高い断熱材として日本の木造住宅で最も多く採用されています。

○セルロースファイバー

新聞古紙やパルプなどを綿状に加工し、ホウ素系薬品を添加した断熱材です。薬品を添加することで防虫・防火対策が施されています。

特徴としては、木質繊維であるため湿気を吸収、放出し、結露がおきにくいことが挙げられます。

また、施工方法が機械を使って施工場所に吹き付ける形式であるため、他の断熱材では施工がしにくいような場所でも確実に断熱材を入れることができます。

○硬質ウレタンフォーム

ポリイソシアネートとポリオールを主原料として、発泡剤などを混ぜて加工した断熱材です。ボード状と現場発泡という2種類があります。特徴としては、自己接着性が挙げられます。

これは、硬質ウレタンフォーム独自のものであり、現場発泡のタイプのものは接着剤を使わずとも金属やコンクリートなどに直接発泡することで、しっかり接着した断熱ができます。

また、硬質ウレタンフォームの気泡には熱伝導率の小さなガスが含まれているため優れた断熱性を持っています。

○フェノールフォーム

フェノール樹脂に発泡剤や硬化剤などを混ぜてボード状に加工した断熱材です。特徴としては、断熱材が高く、経年劣化しにくいことが挙げられます。また、優れた耐熱性、耐火性を持ち、燃えても煙や有毒ガスがほとんど発生しないためとても安全な断熱材です。

いかがでしたか。

今回はさまざまな断熱材の特徴をご紹介しました。断熱材を入れることで高気密高断熱住宅となり、エアコンなどの光熱費を浮かせることができます。ご紹介したように、断熱材にもさまざまな個性があります。ですから、ご自身が必要とする断熱材を探して業者に相談してみるのが良いでしょう。当社では、リフォームの際に大幅な予算の変更がないように無料で現地調査を行います。ぜひこの際、断熱材を利用したエコ住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

 

新築を建てるならどこがおすすめ?田舎に住むことの4つのメリット

「新築住宅を建てたいんだけど、田舎と都会だったらどっちがいいの?」

これは新築住宅を建てる際の永遠のテーマではないかと思います。

どちらにもメリット・デメリットはあり、新築を建てる際に「何を基準に家を建てるのか」によってどちらがよいのかは変わってきます。今回は田舎に住むことの4つのメリットをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

○都会に比べてお金がかからない

たいていの場合、田舎の方が土地が安いため、都会では考えられないような大きい家に住むことが田舎では可能です。

また、最近では田舎の過疎化に歯止めをかけるために、田舎の自治体では新築を建てる際に補助金を出してくれる場所もあります。

気になった地域があれば、自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

他にも、物価が安いため生活費に費やすお金を減らすことが出来るなどの利点もあります。

○緑が豊かで自然と触れ合う機会が多い

子供のいる家庭などでは、子供の成長する環境も大事になってきますよね。

排気ガスの少ない澄んだ空気の中で、自然のあふれた健やかな環境の中で子育てしたいと思う方もいらっしゃると思います。

あくまで一例ですが、都会に住んでいた頃は喘息がひどかった子供が、田舎に引っ越してくると喘息が治ってしまったということもあります。

また、空気がきれいなので、夜空がとてもきれいです。都会だとどうしても人工の光が多くて星があまり見えなかったりしますが、田舎ではきれいな星空を見ることができます。

○広い庭を造ることができる

田舎は都会に比べて土地が広くとれるため、広い庭を造ることができます。庭の活用方法はさまざまありますよね。

家庭菜園やガーデニング、BBQスペース、子供の遊び場などたくさんのことができます。

庭を造ることで充実した生活が送れそうですよね。

○人が少ないので快適

都会で生活していると、人が多いことで苦労したことはありませんか?電車が人であふれていたり、場合によったら家族で外食するだけで一時間待たなければならないなんてこともあります。その点、田舎は人が少ないの快適です。地元でおいしいと人気のお店にも、行列に並ぶことなく入店できます。

いかがでしたか。

今回は田舎に住むことの4つのメリットをご紹介しました。

「田舎には流行のお店がない」「欲しいものが田舎では売っていない」などと昔は言われていましたが、現代ではネットショッピングも普及したことで田舎のデメリットは昔に比べて激減したのではないでしょうか?

新築住宅を建てる場所で迷われている方は、田舎でののどかで快適な暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

 

新築を建てるあなたにおすすめ!和室のメリット・デメリット

「あれも欠かせないし、これも欠かせないなあ。」

新築を建てることが決まったら、欲しい部屋や設備があれこれでてきますよね。

しかし、予算にも限りがあるので、現実的にどうしても欲しいものを決めなければなりません。

そういったときに、ぜひとも「和室」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

今回は和室のメリット・デメリットをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

○和室のメリット

最近では、洋室が主流となっており、和室のある住宅を見る機会がめっきり減ってしまいました。

テレビなどでおしゃれな洋風の家などが紹介されているのでどうしても魅力的に見えてきますよね。しかし、ここで日本人が忘れてしまっている和室の魅力をもう一度考えてみましょう。

・利用できる用途が幅広い

和室のメリットは幅広く利用することができる点が挙げられます。

例えば、来客があるときを考えてみましょう。

洋室ではベットを置くことでいちいち布団を準備しなくても大丈夫です。

しかし、来客の数に対応することは難しいです。

一方で、和室の場合は必要な数の布団を敷くことで簡単に人数分の寝床を作れるので親御さんや親戚などが遊びに来られた場合に和室で泊まってもらったり、ご自身の寝室として活用したりすることもできます。

また、スペースが広いので、アイロンがけや洗濯物をたたむといった日常の家事を行う場所として活用したり、子供の遊び場としても最適です。

・リラックスできる畳

和室の特徴は床が畳であることです。皆さんは畳の性能がとても高いことをご存知でしょうか?

例えば、畳は断熱性や保温性に優れており、湿気を吸収してくれることから、部屋の湿度を自動で調整してくれるので、部屋で快適に過ごすことができます。

また、畳は空気を含んでいるため、防音効果も持っています。

洋室のフローリングと比べて暖かみを持っていてクッション性もあるため、子供や高齢者の方には最適な空間であると言えるでしょう。

○和室のデメリット

和室のデメリットを強いて挙げるとすれば、畳が重い家具を置くことに対応していないことでしょうか。畳はベットなど重いものを置くことは想定されていないため、テーブルやピアノといった重たいものを設置してしまうと足の部分に集中して加重がかかってしまうため、畳が凹んでしまう可能性があります。

また、最近流行の家具は洋室を想定していることが多いので、和室とはあまりマッチしないこともあります。新築を建てる際にソファやベットを設置したい方には和室ではなく洋室がよいかもしれませんね。

いかがでしたか。

今回は和室のメリット・デメリットをご紹介しました。

先程も述べましたが、和室は古くから日本で愛されてきた伝統あるものです。特に、畳には洋室のフローリングに劣らない良さがたくさんあります。

また、用途も広いため、急な来客があっても困らないように和室を一部屋作っておくのもよいでしょう。

世界に一つだけのあなたの家を建てる際には、しっかりといろいろな可能性を考えてみましょう。

 

【開催中】Panasonicいつでもあったかキャッシュバックキャンペーン

【開催中】Panasonicいつでもあったかキャッシュバックキャンペーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【応募期間】2018年3月31日まで

(期間中先着500件) システムバスLクラス・リフォムスの対象商品をご納入いただくお客様へ

最大30000円キャッシュバックキャンペーン!

お得なこの期間に、ぜひご利用ください。

 

2018-03-04 | Posted in Blog, パナソニックNo Comments » 

 

新築住宅にとてもおすすめ!こだわりの庭がある素敵な家庭

「せっかく新築で家を建てるんだったらこだわりたいなあ。」

そんな思いをお持ちではありませんか?

新築の住宅を建てることになった場合、分譲マンションなどに比べて魅力はいろいろあるかと思います。

その中でも今回は「庭」についてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○なぜ庭がおすすめなの?

まず、分譲マンションの場合を考えてみましょう。

庭を造るとすれば、ベランダの限られたスペースしか使える空間がありませんよね。

しかし、新築一戸建ての場合ではある程度自由に庭のスペースを設けることができます。

都会の中心地ではコスト的にも難しいケースがあるかとは思いますが、都心から離れた郊外や田舎であれば十分な広さのある庭を持つのも可能です。

一戸建てだけに許されたこの贅沢を活用しないのはもったいないと思いませんか?

 

○庭を造ることのメリットって?

庭の活用方法は、家族構成やライフスタイル、趣味などによりいろいろ変わってきます。家庭菜園やガーデニングを楽しめるような庭をつくれば、草木を見て癒されることもできますし、いろいろな野菜を育てることもできます。

また、リタイア後に夫婦で楽しむ趣味としても家庭菜園は魅力的です。

小さなお子様のいるご家庭では、庭を遊び場として利用することも良いでしょう。

簡単な遊具などを用意し、子供の遊べる庭を用意すれば、子供も毎日お庭で思いっきり遊ぶことができます。

自分の敷地の中なので、ママやパパの目も届きやすく、安心して見守ることができることも庭の大きな魅力になります。

また、家族の団らんの場として庭にBBQスペースを確保すると、週末などには友達を呼び、BBQパーティーを楽しむこともできます。友達が持ち寄った食材を使用し、みんなでわいわいと楽しい時間をすごすことができれば、ストレスの解消にもなり、仕事にも張り合いが出るかもしれませんね。

いかがでしたか。

今回は、新築住宅を建てられる上で庭がおすすめであることをご紹介しました。このように、庭を取り入れた新築住宅には、普段の生活をより豊かにするためのヒントがぎっしり詰まっています。

建物そのものデザインや生活環境作りはもちろん大切ですが、庭にも目を向けることで、家族みんなが笑顔になれる環境を手に入れることができるようになります。

当社では、お客様のニーズに合わせた様々なご提案をさせていただきます。家の購入は人生の一大イベントです。簡単に妥協せず、家族や建築士と納得がいくまで話し合うことがとても大切です。

また、当社では随時モデルハウス見学を受けつけております。ご興味を持たれた方はぜひご連絡ください。