Blog

住宅の新築をお考えでしたら工務店へ!依頼するメリットとは?

住宅の新築をお考えの際にはどの業者に依頼するかは悩ましいことかもしれません。

業者と言いましても、住宅メーカー・工務店・専門工事業者・設計事務所・建築家・フランチャイズで運営している建材・設備メーカーと様々なものが存在しています。

この中で今回は、工務店に新築を依頼することのメリットについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

◎工務店とは

工務店とは、建築を請け負う業者や会社のことです。主に戸建住宅を取り扱っており、特定の地域に根付いて活動している業者のことを指します。

地域の中小規模の工務店は、建設業として万能性を持ち、新築住宅もリフォームも請け負っています。ハウスメーカーや建材からの受注にも対応していることがあります。依頼内容によっては、自社でも設計、施工を行う場合、他の事務所に設計、施工を依頼する場合などがあります。

◎工務店に住宅新築を依頼するメリット

では、そのような工務店に住宅新築を依頼するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

○費用面

工務店ならではというよりほかの業種との比較になりますが、特に自社で施工している会社は仲介手数料がほとんど存在せず、また宣伝費も少なめですので、比較的低価格で工事を行ってもらえるという特長があります。かかる費用のほぼすべてをご希望の住宅を新築するために使ってもらえるのは嬉しいことですよね。

○技術面・保証面

工務店は、その地域に密着して営業を続けていますので、それだけお客様からの評価と信頼を得ているということになります。長く続けることができる技術を持ち合わせているという証拠です。また近くに事務所がありますので、工事時や完成後に何かあったときにはすぐに対応してもらえるという安心感もあります。

○要望に応えた家づくり

家を建てることにおいて、このような形にしたい、好みのものを取り入れたいとご自身の理想を実現したいとお思いの方も多いと思います。要望に応えた家づくりをしてもらえるかという点を重視される場合には工務店を選ばれると良いでしょう

細かく注文ができる自由度の高さは、工務店の大きな魅力の一つと言えます。工務店は多くの場合、お客様の要望を聞いてからどのような家を建てるかを考えていきます。そのため、自分の理想の形にすることができます。こだわりを家の中に取り入れたいという方は工務店が向いているといえるでしょう。

今回は、工務店に依頼するメリットを紹介しました。

ぜひ一度工務店への依頼をご検討ください。

 

構造塾へ参加

昨日は5回目の構造塾でした。

 

 

 

 

 

 

 

昨年よりスタッフ3名で受講しています。

上部講座・基礎・地盤を総合的に学ぶことができる構造塾。

毎回濃い内容で、新しい知識などがインプットできるとても良い機会です。

 

2018-06-05 | Posted in BlogNo Comments » 

 

ゼロエネ住宅のZEHゼッチとは、補助金についてもご紹介!

住宅を新築するにあたってはどのような家にしようかとお悩みになることかと思います。

最近、住宅関係の文書や話の中で『ZEH』という言葉を目にされたり耳にされたりしたことのある方はいらっしゃいませんか?

今回は、現在注目されつつあるZEHについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

◎『ZEH(ゼッチ)』とは

ZEH(ゼッチ)』とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、『ゼロエネルギー住宅』とも呼ばれています。住まいの断熱性・省エネの性能を上げることおよび太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の空調・給湯・照明・換気といった一次消費エネルギー量の収支を「ゼロ」にする住宅を指します。

地球温暖化につながる温室効果ガスの排出量を削減することが、世界的な課題となっています。国内においても住宅でのエネルギーをなるべく節約することが重要課題のひとつとされています。

社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られるようにする省エネルギーについては浸透していますが、最近ではこれに加えて自らでエネルギーを創出するという考え方が導入されています。

住宅の断熱性能や省エネ性能を高めた上で、消費するエネルギーを自らで創り出す、いわば自給自足の体制を持った家が『ZEH』なのです。

政府は、2020年までに標準的な新築住宅の過半数でZEHの条件を満たすことを実現、2030年までには新築住宅全体でのエネルギーの収支をゼロにすることを目指していて、それを推進する一環として補助金の交付も行っています。

補助金につきましては別記事にて紹介しておりますので、そちらも参考にしていただけると幸いです。

ZEHとなる条件とは

ZEHとなるためにはどのようにすればよいのでしょうか。エネルギーの収支をゼロにするだけであれば太陽光発電を大量に行うことで実現することも可能かもしれませんが、住宅におけるZEHは消費量もなるべく削減することを視野に入れています。

断熱機能の高い素材を壁や窓に採用することによって、熱の出入りを避け、エネルギーの消費量が大きい住宅設備には省エネ性能の優れたものを選ぶことによってエネルギーの消費量を節約します。

その上で住宅の上に太陽光発電設備を設置するなどして住宅内で消費する電力をすべて賄えるようにします。

ZEHの補助金

ZEHの補助金は、2020年までに新築住宅の過半数で、2030年までに新築住宅の平均でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の実現を目指すべくZEHの普及を加速させようとしています。

ZEHを新築する・ZEHの新築建売住宅を購入する・既築住宅をZEHへリフォームすることに対して交付されます。

金額としては以前よりは少なくなっているものの、2018年および2019年には70万円が給付されることになっています。

また、ZEHは別に家庭用蓄電池の設置にも補助金が適用されます。

固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了する住宅用太陽光発電などの解決策として、自家消費型への移行を促すことを目的に新たに設けられた補助金制度です。

設備費に対しては蓄電池容量kWhごとに30000円で上限が総額の3分の1、工事費に対しては1台当たり上限50000円支給されます。執行時期は20184月以降です。

こちらにつきましては補助対象が限定的ですので、当てはまるかどうかを確認することをお勧めします。

 

新築するならエコ住宅、そのメリットをご紹介

住宅の新築においては様々なことをお考えになって、どのような家にするかをお決めになることかと思いますが、「今後かかる費用はなるべく抑えつつも快適な暮らしをしたい。」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。そんな方におすすめなのが『エコ住宅』です。

今回は、『エコ住宅』についていくつかの観点でお話しいたします。

 

 

 

 

 

 

◎エコ住宅とは

『エコ住宅』はエコハウスとも呼ばれています。身近に手に入る地域の材料を使うなど環境に負担をかけない方法で建てられ、地域の気候風土・敷地の条件・暮らし方に応じて自然エネルギーが最大限に活かされている住宅のことを指します。

現代の住宅の新築においては、高断熱・気密性に優れたものも多く建てられていますが、それに加えて太陽光発電システムなど自ら電力を生産する設備を備えることも特徴にあります。

◎エコ住宅のメリット

エコ住宅のメリットは主に以下の三つです。

○補助金制度が存在する

太陽光発電システムを設置することで、自治体から補助金を受けることができます。

20184月以降に執行される制度では、設備費に対しては蓄電池容量kWhごとに30000円で上限が総額の3分の1、工事費に対しては1台当たり上限50000円支給されます。

また、太陽光発電システムを新規で搭載すると最初の10年間または20年間は一定の買い取り価格が保証されます。

さらに、断熱性能や省エネルギー性能に応じて住宅エコポイントが300000450000ポイント取得できます。このエコポイントは商品券や特産品と交換できるほか、即時交換で工事費にそのまま充当できる場合もあります。

○自然災害に対応できる

エコ住宅で太陽光発電システムなどの充電設備を備えることによって、太陽光が出ている間は自家発電ができますし、蓄電池も搭載していれば生産した電力を貯めて使うこともできます。仮に自然災害などで停電があっても自力で電力が賄えるのは大きな安心感を得られるのではないでしょうか。

○光熱費が抑えられる・長期的な負担の少なさ

エコ住宅は断熱性や気密性が比較的高いので、冷暖房の消費が減り、光熱費を抑えることにつながります。

また、電気を生産する設備があれば電力を購入する費用も抑えられますし、むしろ発電した電気を売電することで収入になるかもしれません。長い目で見ると費用面でも恩恵を得られる可能性は充分にあります。

◎最後に

以上のように、エコ住宅には様々な魅力があります。

新築の際にはエコ住宅にされることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

新築におけるオススメ、空間づくりの工夫と注文住宅

新築で作るとしたら、自分だけの素敵な家にしたいですよね。

今回は、新築にあたってお勧めしたいことを二つお伝えします。

 

 

 

 

 

 

◎色合いと照明の組み合わせで自分なりのおしゃれな空間を

空間全体の色合いを考えることで、おしゃれな空間を実現できるかもしれません。それぞれの部屋に置いてあるものの色合いを整えることで、まとまった印象となり、空間の統一感が生まれて美しくかつ落ち着いた雰囲気になります。

そこにアクセントを加えるのが照明です。照明には、開放感や高級感を高める役割があります。光の当たらない部分は、空間に奥行きを持たせ、光が当たる空間や場所をより際立たせる効果があります。照明は大きく分けて、全体を照らす主照明と部分的に照らす補足照明の2つがあります。

この2つを組み合わせることで、部屋に明暗を作り、光と影の対照を楽しむことができます。

照明において重要なのは、均一に明るくしすぎないことです。主照明は部屋の隅が影になるよう少し暗めにし、暗い部分や天井、置物に補足照明を当てることでおしゃれな空間が演出できます。

◎新築をお考えであれば、注文住宅にされてはいかがでしょうか?

一戸建てを新たに建築しようと考えていらっしゃる場合には、注文住宅をご検討されることをお勧めいたします。

「費用が決まっていないことで高くついてしまうのではないか?」と心配をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、注文住宅には様々な魅力があります。

○注文住宅のメリット・魅力

注文住宅の魅力としては何よりも自由度の高さがあります。注文住宅の建築においては、購入者のあらゆる要望に応えてもらえます。最初から担当者と計画していくので、デザインや設備といった幅広い範囲に意志を反映させることができます。入居までに時間をじっくりかけて行う分、理想に近い満足のいく家づくりが実現できます。

次に、予算の調整が可能です。注文住宅は、家を建てるために必要になる建築資材を自由に選びやすいという特徴があります。重視したい部分はある程度の費用をかけ、こだわりがあまりない部分は安く抑えることで予算配分を行えます。

よく考えて設計してもらえば、将来的に増改築を行いやすくなり、長い目で見ると費用を抑えられます。

そして、建設途中で現場に立ち会うこともできます。工事がしっかりなされているかを確認すること、現場管理者へ様々な質問をすることは重要になります。注文住宅は欠陥率が非常に低いといわれています。

今回は、新築を建てる上でおすすめしたいことをご紹介してきました。

新築をお考えの方はぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

山梨の工務店が伝授!キッチンは生活動線を意識した形選びを

キッチンは毎日使う方が多いでしょうから、ご自身の好みや生活様式に最も合ったものを選びたいですよね。しかし、どのようなキッチンがあるのかわからないという方もいらっしゃると思います。

今回は、キッチンについて三つの観点でお話しいたします。

 

 

 

 

 

 

◎キッチンのタイプについて

キッチンは形状と設置方法でそれぞれ四種類にわけられます。

◦形状

Ⅰ型:最もよく採用されている形で、シンク・冷蔵庫・加熱調理機器が一直線上にあります。

Ⅱ型:二列に配列される形で、中央部の通路を挟んでシンク・冷蔵庫・加熱調理機器などが向かい合っています。

L型:調理スペースをL字にしたもので、シンクと加熱調理機器が両側に振り分けられています。

U型:調理スペースをU字にしたもので、料理する人がキッチンに囲まれる形になります。

◦設置方法

対面式タイプ:リビングやダイニングに向かって設置されたキッチンであり、居間が広くとられている住宅やマンションなどで人気です。

壁付けタイプ:多くの住宅でみられる設置方法で、キッチンが壁に付いていて、空間に余裕を持たせることができます。

ペニンシュラ(半島)タイプ:キッチンの一部が壁に付き、途中から室内に付き出している様式で、複合型キッチンのレイアウトによく採用されています。

アイランドタイプ:キッチンが壁面と一切接していない設置方法です。

それぞれに特徴があります。言葉だけではよくわからないでしょうから、実際にご覧になった上でお選びになることをお勧めします。

◎キッチンの高さは使う人の身長で決めましょう

料理好きの方でしたら、一日に何時間も立ち続ける場所かもしれません。できれば疲れにくい作りにしたいですよね。そのためには、調理を行う方の身長に合ったカウンターを設置することがおすすめです。

カウンターが高すぎて足台が必要になると、移動に不便ですし、逆に低すぎると足腰に変な力がかかって負担が大きくなってしまいます。キッチンカウンターの高さはキッチンを最もよく利用する方の身長から決め、(身長÷25 )cmを目安にカウンターの高さを設定するようにしましょう。

◎キッチンの配置は実際に作業することを想像して

作業動線は人が動く一連の作業の流れのことですが、キッチンでの作業においては、シンク(流し)とコンロなどの加熱調理機器と冷蔵庫の間の行き来を意味します。

動線の無駄が多くなると効率が悪くなってしまい、疲労度を増すことになります。

逆に短すぎることで窮屈な動きを強いられることになります。配置においては適当な長さにこの3点をどのように設置するかということを考えていくと、より使いやすいキッチンに変えることができます。

今回は、キッチンに関してお話ししました。

生活動線を意識していただくことが重要だということがお分かりいただけたと思います。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

山梨で新築をお考えの方へ、ご自身でデザインを考えてみませんか?

住宅の新築にあたっては、もともと建てられているものを購入する、あるいは住宅販売会社や建築会社にすべて任せきりにするという方法もありますが、ぜひ一度新築する家の理想図を自分自身でデザインすることをお勧めいたします。

そうは言いましても、「デザインってどう考えればよいのだろう?」とお思いの方も多いのではないでしょうか。新築住宅の建築を考えるときに、重視すべき要素は様々ですが、今回は、特に考慮した方がいい要素をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

◦見た目の良さ

外装については気にされている方も多いのではないでしょうか。ご自身の思いを表現するのも構いませんが、外部との調和を考慮した形・大きさ・色にすることをお勧めします。

◦吹き抜けを採用するか

空気の循環を決める要素の一つは吹き抜けを採用するかどうかです。吹き抜けによって下の階にまで充分な光が取り込めるだけではなく、開放感があり柱や梁が見えることによる空間の美しさも増します。一方で、空気の流れが良すぎることで冷暖房の効率が悪くなるかもしれませんし、上の階の床面性が小さくなることは避けられません。これらを踏まえたうえで採用するかどうかを判断しましょう。

◦形式・素材

自分の好きなものを取り入れるのはもちろん構わないことですが、取り入れすぎると統一感がなくなり落ち着きのない雰囲気になってしまいます。各部屋で形式を決めてしまうことで、それに合う壁や床の素材、あるいは家具といったものを選びやすくもなります。

◦コンセントの位置・配線

現代では多くの種類の電子機器類を使用するようになりました。そのため動作や充電に必要なコンセントの位置は重要になりつつあります。考えなしに配置すると大変過ごしにくい要因になりかねませんので、生活の動線を想像してどこに配置するのが適切なのかを忘れずに考えましょう。このときに照明機器の場所及び配線も一緒に考えると良いでしょう。

◦生活音から見る部屋の配置

難しいことではあるのですが、快適な住まいを実現するには生活音にも注意することが大切です。子供の部屋や浴室・手洗いといった生活音が出やすい場所や道路のある側から、居間や寝室などの落ち着いて過ごしたい場所を遠ざけることでストレスの少ない環境が実現できるでしょう。

◦水回りは近い位置に

必ず行わなければならないことではありませんが、浴室・手洗い・台所などの水回りを近い位置にまとめることで、生活音のする場所を集中させることが可能になるだけでなく、家事の動線を向上させることができます。

住んでから後悔しないようにするには、ご自身の生活のことを想像してふさわしい構造を考えることが重要です。担当者と打ち合わせを重ねながら一緒に理想の形を追求していきましょう。

 

注文住宅をお考えの方必見!耐震性能に優れた家を建てる方法

注文住宅は、ご自身の思いを最大限に実現できる新築の方法です。

重視されていることはそれぞれ異なるとは思いますが、地震の多い日本においては、耐震性の強い家にしたいとお考えの方は少なからずいらっしゃると思います。

今回は、住宅の耐震に関連して二つの観点でご紹介します。

 

 

 

 

 

 

◎地震に対する性能、耐震等級について

耐震等級は建物の強度を表す指標で、品確法に沿った住宅性能表示で以下の三種類の段階に分かれています。

◦耐震等級1

これは建築基準法の耐震性能を満たす水準として定められています。

震度5程度は住宅が損傷せず、震度6強から7程度に対しても倒壊や崩壊にならない強さとされています。

◦耐震等級2

等級1で想定される1.25倍の地震が起きても耐えられる程度とされており、学校や病院

などに採用されています。

◦耐震等級3

等級1で想定される1.5倍の地震が起きても耐えられる程度とされており、消防署や警察署など防災の拠点となっている建物に採用されています。

耐震性を強化するほど間取りに制限が出てくることは致し方がないことです。

注文住宅における住宅の耐震等級は家を建てる方が最終的に選ぶことになりますので、ご自身の理想とされるデザインと折り合いをつけながら選択されるのがよろしいかと思います。

◎耐震性を高める方法

地震で倒壊した家には、柱・梁・筋交いなどで構成される耐久壁が少なく配置の場所も偏っていたという傾向があります。耐震性を高める方法には以下のようなものがあげられます。

◦基礎の強化

基礎と土台がしっかりした耐久力がないと、地震の時に土台が基礎からずれる、あるいは外れやすくなり、住宅が倒壊する危険性が高くなります。

◦壁の設置

壁の設置によっても、衝撃の吸収の幅が広がるという点から耐震性を高めることが可能です。

◦接合部の補強

木造住宅は壁・柱・梁が一体となって地震に耐えられるようになっていますが、柱と梁や土台との仕口が外れないようにするために、さらに金物などでしっかりとつなぎ合わせることで補強できます。

◦重心を低くした家づくり

重心を低くすることで地震の揺れに影響されにくい住宅にすることができます。具体的な方法としては、台所などの比較的重さがかかる生活空間を下の階に配置すること、軽い屋根を採用することが主に挙げられます。

最近では屋根瓦にも軽い素材が開発されており、これによって間仕切り壁を少なくし開口部を大きく取ることが可能になるため、間取りの自由度が増すというありがたい恩恵もあります。

今回は、住宅の耐震についてお話ししました。

地震の多い日本で安心して生活するためにも、耐震性能が優れた注文住宅にしてみてはいかがですか?

 

新築を建てるならどっち?ハウスメーカーと工務店の違いを徹底比較!

「新築を建てたいんだけど、どこに頼めば失敗することなくできるの?」

「ハウスメーカーと工務店どっちに頼めばいいの?」

なんて思っている方は多いのではないでしょうか?

そもそも、ハウスメーカーと工務店の違いがはっきりわからないなんて方も多いと思います。

実際、この2つの言葉に正式な定義はないためはっきりわからなくて当然なのです。

 

しかし、全く違いがないわけではありません。今回は、ハウスメーカーと工務店を比較していこうと思います。

 

◆ハウスメーカーと工務店の違いは?

先ほども言ったように、この2つには正式な定義はないため、確実ではありませんがぼんやりとしたものはあります。

それは規模の違いでしょう。

 

以前はハウスメーカーとは大手住宅メーカーのことを指す言葉でした。しかし、現在では会社の大きさではなく、全国に事業展開しているメーカーを、ハウスメーカーと呼んでいる傾向があります。

 

それに対し、工務店とは主に地場産業として地元に根付いて事業を展開している会社をいいます。

しかし、工務店を名乗りながら全国展開しているような例外もあります。

 

◆メリット、デメリットを比較してみましょう

<ハウスメーカー>

・メリット

ハウスメーカーのメリットはやはり社会的な信頼性の高さと品質の良さでしょう。

 

社会的な信頼性の高さは言葉の通りです。

品質の高さに関してはハウスメーカーでは自社で住宅部品の研究開発を行なっているところが多く、お金をかけているだけあってその質の高さは文句なしです。

また、アフターサービスの充実も大きなメリットでしょう。

 

・デメリット

ハウスメーカーの大きなデメリットは価格だといえます。

価格が高くなる原因はハウスメーカーでは工務店とは違い、たくさんの広告をしており、その費用が皆さんの建築費に上乗せされているため価格は高くなっていると考えられます。

 

またハウスメーカーでは施工自体はメーカー指定の工務店が行うため、教育は行っているが、技術に多少の不安が残ってしまいます。

 

<工務店>

・メリット

工務店のメリットは価格が安いことと要望に対し融通が利くことです。

価格はハウスメーカーよりは安く済むことが多いです。理由は先ほどの逆で広告にあまりお金をかけていないからでしょう。

 

また、工務店ではハウスメーカーほど規格化されていないため、融通が利き安いです。これはお客様にとっては、要望を聞いてもらえるためありがたい点といえます。

 

・デメリット

デメリットは品質の不安と技術力のバラつきが考えられます。

工務店では価格を抑えるため品質を少し落としているところもあると聞きます。そのため慎重に選ぶ必要があるでしょう。

 

また、技術に関してもハウスメーカーよりはバラつきが大きく、不安があります。

 

◆まとめ

いかがでしたか?

ハウスメーカーにも工務店にもメリット、デメリットがあります。

そのため、しっかりと理解した上で自分に合っている方を選ぶ必要があります。

ぜひ参考にしてください。

 

必見!山梨で夢の新築を購入しよう!気になる価格を徹底解説!

「そろそろ新築購入したいけど、その前にざっくりでいいから相場を知りたい。」

「新築ってどのくらいかかるんだろう。」

このように思っている方は多いのではないでしょうか?

 

確かに、住宅購入は人生で一番高い買い物のため、早い段階から相場を掴んで、その上でいい住宅を探したり、土地を選んだりする方がいいです。

そのため、相場の把握は早ければ早いほどいいでしょう。

 

今回は、山梨県の新築の相場についてみていきます。数字が多くなりますが、できる限りわかりやすくご説明しようと思います。

 

◆新築・分譲一戸建ての相場は?

ここでは建売住宅、分譲住宅、新築住宅の相場を見ていきます。

間取りは4LDK~5DKで考えています。

 

山梨県ではおよそ2400万円〜2650万円が相場になりそうです。

しかし、ここ10年くらいは価格が高くなってきているため今以上に高くなる可能性は十分にあります。

 

そのため本当に気に入った住宅が見つかった場合は、よく考えた上で、早めの決断をしてもいいかもしれません。

 

◆注文住宅の場合は?

35坪前後の土地に住宅を購入した場合、当然土地と住宅の費用がかかってきます。

その合計の相場は3500万円前後と考えられています。

 

土地と住宅の費用の全国平均は4000万円前後と言われているため、山梨県で新築を建てるのは500万円ほどお得と考えることができます。

 

また、参考までに、土地はあり、家を建てるだけの方や今の住宅を建て替える方の建設費のみの相場を見てみましょう。

 

山梨県で住宅の建築のみで考えると3000万円前後が相場として考えられます。

こちらの全国平均を見てみると、3300万円ほどなので、建設費だけを見ても、全国平均よりは低価格です。

 

以上が大まかな相場になります。

ここからは注意点になるのですが、これらは注文住宅の相場になるため、あくまでも参考程度で考えていただきたいです。

 

その理由は、注文住宅には規格の中で設備や壁紙などの細かな部分が決められるケースと、間取りから壁紙まで住宅のすべてを決定できるケースが考えられるため、住宅によって価格が非常にバラつくからです。

また、注文住宅ではこだわればこだわるほど価格は高くなるため、ご自身がどのようなイメージを持っているかで価格は変わってきます。ですから、相場を鵜呑みにせず参考として見ていただければと思います。

 

◆まとめ

いかがでしたか?

山梨県では建売住宅や分譲一戸建てならおよそ3000万円、注文住宅の場合およそ3500万円で考え準備しておくと、大体のことには対応できるのではないでしょうか。

ぜひ参考に考えてみてください。