新築の平屋に人気の間取りは!?|山梨県の工務店が解説

「子供の入学を機に一軒家を買おう」

「結婚を機に注文住宅を建てよう」

このように様々な人生の転機によって私たちは家を買う選択をします。

家を建てる時、私たちはライフスタイルや家族の年齢層や人数、周辺の環境に応じて最適なお家を考えます。

小さなお子様やご高齢の方がいらっしゃるご家庭ですと、段差や階段の少ないデザインを、新婚のご家庭ですとおしゃれで明るいデザインを、というように、ご家庭によってお部屋の内装や間取りは様々です。

自然が豊かな山梨のような地域では、自然を最大限に生かし赴きある空間を作りたいという方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する平屋はただ安全なだけではなく、家の外を間近で見ることができ、開放的な気持ちにさせてくれます。

そこで今回は、現在人気の平屋における間取りをご紹介します。

○ リビングを憩いの場にする間取り

リビングは多くのご家庭で憩いの場となります。

お子様の成長を考えたときに、いつまでもリビングで家族団らんができたら楽しいですよね。

そこで、リビングを中心とした間取りをご提案します。

自分の部屋にこもって顔も合わせる機会もない、なんてことにならないよう、廊下を取り払ったデザインにしてみてはいかがでしょうか?

そうすると部屋の移動はリビングを経由することになるので、自然と顔を合わせる機会も増えます。

毎日ご家族と顔を合わせてコミュニケーションをとることは、意外と難しいことです。二階建てであると、出入りも減るため、顔を合わせる機会は減ってしまいがちです。

平屋だからこそできる、ぬくもりあるデザインですので、おすすめです。

○ スペースを活かした間取り

二階建てにしてしまうと、フロアごとにトイレを作ったり、階段が合ったりと、場所をとってしまいます。

しかし、平屋ではそういった階段やフロアごとの設備は必要ありません。

階段を作る際、幅や長さを考えてみると4畳分はスペースを取ってしまいます。またトイレ1室を考えてみても、最低1畳はスペースが必要になります。これらが無くなるだけで、最低でも5畳分のスペースを確保することができます。

収納やお部屋に有効活用が期待できます。

また二階建てですと、電気のケーブルや水道管を二階まで開通させなければならなくなり、追加の工事費もかかってしまいます。

経済的に見ても、平屋の方が良心的といえるでしょう。

今回は、平屋で人気の間取りを2点ご紹介しました。ご家庭のライフスタイルや将来のことも考えて家作りを考えていくと、家作りは楽しくなっていきます。

設計デザインでお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-07-03 | Posted in 平屋No Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう