国土交通省【補助金】住宅金融支援機構への金利優遇支援

住宅金融支援機構に係る平成30年度予算案等の概要を、お知らせします。

★省エネルギー性、耐震性等に優れた住宅の取得を支援するため【フラット35】の金利を一定期間引き下げる【フラット35】Sを引き続き実施。

★子育て支援等の施策を積極的に実施している地方公共団体と連携して、【フラット35】の金利を一定期間引き下げる【フラット35】子育て支援型【フラット35】地域活性化型を引き続き実施。

平成30年度から【フラット35】地域活性型について「UIJターン」「コンパクトシティ形成」に「空き家対策」を追加。詳細は画像よりご確認下さい。

 

 

Rakkensya.co

3090-8 SHINOHARA KAI YAMANASHI 400-0115 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-03-03 | Posted in 住まいの補助金No Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう