注文住宅で人気のパッシブデザイン !その機能を甲斐市の工務店が解説

最近、注文住宅でパッシブデザインにされる方は大変増えています。

「パッシブ」とは、「受け身」という意味で自然エネルギーをうまく受動的に利用し、光熱費を削減で
きるような間取りのことをいいます。
今回は、パッシブデザインの機能について紹介していきます。


□パッシブデザインの機能
*太陽光を昼間の明かり代わりにできる
太陽光が通りやすい設計なので、昼間であれば、照明の代わりにできます。
これにより、電気代を削減できます。
*夏は日射熱を遮り冬は利用
夏場の場合は太陽の熱が室温を上げてしまう恐れがあり、できるだけ日の光を入れない「日射遮
蔽」が基本となります。
パッシブデザインの住宅では四季ごとの太陽光の角度を計算し太陽の光を取り入れたり、遮断し
たりします。
そのため日照シミュレーションなどを行い、日光の取り入れ具合を細かく調整していきます。
*断熱、機密で部屋の温度を一定に保つ
パッシブデザインは、高い断熱性や気密性を目指した作りとなっています。
断熱性や気密性が優れていることで、過ごしやすい室温を維持することができます。
これにより、エアコンに依存することを回避し省エネに繋げています。
*快適で健康的な暮らしが可能
冷暖房器具による不自然な温度調節を避けることができます。
また、太陽光などが家の中に通りやすい設計デザインなので、家の中にいる際も自然光を浴びる
ことができ、ビタミンD生成や病気の予防など健康促進につながります。
また、空気がこもりやすい普通の住宅とは違い、風通しがよく、部屋は常に新鮮な空気が流れてい
ます。
*環境に良い
現代は常に環境問題が取り上げられていますが、このパッシブデザインは冷暖房器具の無駄な
消費を防ぎ、省エネにもなります。
住むだけで環境問題の手助けができているということです。
□パッシブデザインのデメリット
*冷暖房設備をまったく使わないわけではない
夏や冬を冷暖房機器など一切使わずに乗り切れるというわけではありません。温度を一定に保つ
ためには多少使用します。
*土地の気候を把握した業者選びが必要になる
土地の気候がまったくわかっていない業者に依頼すると、自然エネルギーを活用できない間取り
になってしまう恐れがあります。
しっかりその土地の気候を把握している業者に依頼することをおすすめします。
□まとめ
今回は、パッシブデザインの機能についてご紹介しました。
パッシブデザインは大変機能性に優れています。注文住宅、またはパッシブデザインをお考えの
方は、ぜひ楽建舎までお問い合わせください。
お客様に合った最適な家を一緒にお考えいたします。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう