注文住宅で注目のパッシブデザインメリットとは|甲斐市の工務店が解説

皆さんの中で、そろそろマイホームを手に入れようかなとお考えの方はいらっしゃいませんか?

その際には分譲住宅にするか注文住宅にするか悩みどころですよね。
希望の間取りやこだわりの要素を取り込みたいとお考えの方にとっては注文住宅がおすすめです。

今回はそんな注文住宅の購入をお考えの方に向けて、新たにパッシブデザインというこだわり要
素をご紹介します。

□パッシブデザインとは
まずはパッシブデザインとは何なのかということからご説明します。
パッシブという言葉は「受動的、受け身」という意味を持つ言葉です。
つまりパッシブデザインとは受け身のデザインということです。
では何に対して受け身なのでしょうか。
答えは「自然環境」です。
太陽の熱や風など自然のエネルギーを遮らず受け取ることで、そのエネルギーを利用して住まい
の温熱環境を整えようとする考えに基づく設計がパッシブデザインなのです。
□パッシブデザインの要素
パッシブデザインはいくつかの要素が組み合わさることで構成されます。
1 断熱
2 集熱
3 熱移動
4 蓄熱
5 排熱
6 通風
7 遮蔽
8 採涼
これらの要素が挙げられます。このように熱を集め、それらを溜めたり排出したりすることで温度を
コントロールします。また、そもそも集める熱の量を変化させることもあります。
□パッシブデザインのメリット
パッシブデザインの一番のメリットは、なんと言っても自然のエネルギーを直接身に受けることがで
きるという点でしょう。
機械的な暖かさや涼しさよりも、太陽光の暖かさやそよ風の涼しさの方が心地良いのは言うまでも
ありません。
また、自然のエネルギーを使用するのでエアコン等の使用頻度も抑えることができ、光熱費を削
減できます。
各要素に注目したときには、例えば蓄熱要素は家の中で温度の差が出にくいので、ヒートショック
と呼ばれる大きな寒暖差によって引き起こされる失神や心筋梗塞などの症状を防ぐことにもつなが
ります。
□おわりに
以上がパッシブデザインのご紹介になります。自然素材や自然エネルギーなど、化学的ではなく
自然由来のものを積極的に使用しようというのが昨今の風潮と言えます。
その中で注文住宅をお考えならば自分の理想の住まいの実現と同時に、パッシブデザインで環
境にも身体にも、経済的にも優しい住まいを実現するのはいかがでしょうか。

山梨県で注文住宅をお考えの際にはぜひ楽建舎へご連絡ください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-10-23 | Posted in パッシブデザインNo Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう