夏涼しい・冬温かい注文住宅のデザインとは|甲斐市の工務店が解説

みなさんが住まいを建てる時に重要視するポイントは何でしょうか。
安さや利便性を重視する人もいれば、自分の好みの間取りであることや環境に優しいことなどを重
要視する人もいらっしゃるでしょう。
今回はその中でも、暖かさや涼しさといった気温についてこだわりがある方へ、パッシブデザインと
いう提案をいたします。

□寒暖差への配慮
温度を気にすると一口に言っても、注目する点は色々あると思います。
例えば寒い地域なので年中暖かさを担保できる環境であるとか、暑い地域なので通気性が良く涼
しさを確保できるなど様々あるでしょう。
その中でも今回は、一年を通してバランス良く住まいの温度を保つことができるということをテーマ
に取り上げていきます。つまり夏は涼しく過ごすことができて冬は暖かく過ごすことができる、どちらか一方の季節だけ快適
ではなく一年を通して快適な住まいということですね。

□住まいの温度変化とは
日本には四季があります。屋外の環境が刻々と変化していく中で住まいの中の環境を一定に保
つためには、屋外の温度変化の影響を受けないことが必要になります。
□外気温の影響を受けないためには
では、屋外の気温変化を受けないためにはどのような工夫が必要になるのでしょうか。
ポイントは3点あります。
1 断熱化
冬に暖房を付けているのに暖かくならない大きな原因は、せっかく生成した熱が逃げてしまうこと
です。
複層ガラスを取り付けたり、壁の中に発泡剤を入れたりすることで熱伝導を下げるといった対策が
取られます。
2 気密
すきま風をなくすことです。壁の中にシートを入れることで風の通り道を防ぎます。
3 風の動きを読む
年中エアコンだけを使用して気温を調節するのはやめましょう。
自然の風を上手く取り入れることで夏場も快適に過ごすことができます。
以上のポイントを抑えることで、一年を通して温度変化の少ない快適な住まいにすることができま
す。
□パッシブデザインという選択
皆さんはパッシブデザインという言葉を耳にしたことがあるでしょうか。
パッシブデザインとは自然環境の良い部分を建築的な手法で上手く取り入れることで、機械的な
手法に頼らず住まいの温度環境を整えようという考えです。

なぜここでパッシブデザインについてご紹介したかと言いますと、まさに一年を通して温度環境が
快適になる住まいというニーズと、パッシブデザインが目指す方向性が一致しているからです。

機械的な手法を使って温度環境を整えることが悪いことではありませんが、それだけでは限界が
ある場合もあります。

しかし、住まいの形そのものを工夫するというパッシブデザインを取り入れることで機械的な面に加
えて、さらに効果的に住まいの環境を整えるこことができるのです。
□おわりに
住まいの重要な要素として温度環境を気にされている方は、ぜひパッシブデザインの住まいという

選択をしてはいかがでしょうか。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-10-09 | Posted in パッシブデザイン, 未分類No Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう