toggle
山梨県の注文住宅工務店
2017-12-06

ゼロエネ住宅 断熱材①

甲斐市のH様邸では、ゼロエネ住宅にするために行なった工夫の一つとして、断熱性の向上があります。
通常、甲斐市のH様邸周辺で建築する時には、床下の断熱材は同じ製品の厚さ65mmの物を使用します。
ゼロエネ住宅としてH様邸では厚さ100mmの断熱材を採用いたしました。

h-dannetu101

土台と大引きを施工した後の状況です。

h-dannetu102

こちらが100mmの断熱材。
㈱カネカの 『カネライトフォーム』 という商品で、発泡ポリスチレンフォームという種類の断熱材です。
グラスウールに比べ、形が決まっているので、床の断熱材として使用すると、重力で下がること無く施工できます。

h-dannetu103

施工完了した様子です。
この上に床下地の24mmの構造用合板を施工し、フローリングを施工していきます。

次は、構造に移りまして、金物についてお伝えしたいと思います。

2012年完工物件です。
楽建舎

 

Facebookページの「いいね!」を押して最新の更新情報をチェック!

関連記事