toggle
山梨県の注文住宅工務店
2017-06-12

シックに広々おしゃれな家 屋根工事①

本日は、屋根工事をお届けします。

t-yane001

屋根のガルバリウム鋼板を施工する前に、防水のため、アスファルトルーフィングを張ります。
雨水が建物内部に入らない様に、軒先から棟にかけて張っていきます。
前日の建て方の日にここまで終わりました。

t-yane002

段違いの屋根になっているので、壁面から小屋裏に雨水が入らないよう、防水のためルーフィングを立ち上げます。

t-yane003

2階の屋根工事と太陽光発電システム施工のために、1階屋根の上に足場を組み立てます。
こうする事で、職人さんが安全に工事ができます。

t-yane004

T様邸は、平屋部分の屋根を立平葺、2階の屋根部分を平葺きと2種類の施工方法で施工しています。
平葺き部分に関してはルーフィング同様、軒先から棟にかけて張っていきます。

屋根の仕上げ材のガルバリウム鋼板を葺き終わりました。

屋根の仕上げが終わりましたので、この後の屋根工事はいよいよ太陽光発電システムの施工になります。

次回は屋根工事をちょっとお休みして、外装の下地工事をお届けします。

2012年完工物件です。
楽建舎

 

Facebookページの「いいね!」を押して最新の更新情報をチェック!

関連記事