toggle
山梨県の注文住宅工務店
2017-04-28

金物工法(ウィンウッド)の家 土台工事

1月13日。

先日1月11日にO-houseでは建て方工事が行われました。
気温の低い日でしたが、お天気には恵まれ無事に工事を終えました。
その工事の様子はまたお伝えいたします。

本日は建て方工事の前の土台工事をお伝えします。

立上り基礎の上に基礎パッキンと土台を引きました。金物工法(ウィンウッド)の家
土台は基礎とアンカーボルトをしっかり締めて固定します。
土台がしき終わると次に床の断熱材を敷き詰めます。 金物工法(ウィンウッド)の家
これが床の断熱材です。
カネライトフォームというA種押出法ポリエチレンフォームとという種類の断熱材で、高性能な断熱材です。
熱伝導率が低いので熱が外気が室内へ伝わりにくい特性があります。金物工法(ウィンウッド)の家
断熱材を土台の間に敷き詰めていきます。
この断熱材は気泡構造になっているそうで持ち上げても結構軽いです。
また、この気泡構造により吸水や吸湿性などもほとんどなく断熱の性能は衰えにくいそうです。金物工法(ウィンウッド)の家

 

以上土台工事でした。

次回は建て方工事です。

2012年完工物件です。

楽建舎

 

Facebookページの「いいね!」を押して最新の更新情報をチェック!

関連記事