toggle
山梨県の注文住宅工務店
2018-11-23

注文住宅でZEH住宅を建てた際の補助金制度2018について、甲斐市の工務店が解説

注文住宅で家を建てる予定の方は、「ZEH」という単語をご存知でしょうか。
ZEHの内容を知っておけば、家を建てた際に補助金がもらえる可能性が高いです。

今回はそんなZEHについて紹介していきます。


□ZEHとは
ZEHとは(Zero Energy House)の略で、消費エネルギーがゼロの住宅のことをいいます。
「ゼロエネルギー住宅」や「ゼッチ」と呼ばれることもあります。
省エネをしっかり行うことでエネルギー消費を減らした上で、それでも必要となるエネルギー消費
量と同じエネルギーを自ら生み出すことができる住宅を「ZEH住宅」と言います。
現在日本では、エネルギー事情が深刻化しています。
このままでは、地球環境がさらに悪化する恐れがあり、また光熱費が上がる恐れもあります。
これを防ぐために、日本政府が推奨しているのがZEH住宅の普及です。
ZEH住宅の普及が進むことにより日本のエネルギー問題は改善され、さらに地球環境にも良い影
響を与えます。
その上、生活でもたくさんのメリットがあります。
ZEH住宅は、エネルギーが無駄に消費されるのを避けるため、冷暖房設備の代わりに自然エネル
ギーを利用できるような間取りであり、光熱費などを抑えることができます。
このようにメリットがたくさんあるZEH住宅の普及が進むように日本政府はZEH支援事業を行なっ
ています。
□補助金制度
政府が行なっているZEH支援事業は、ZEH住宅を新築した方、購入した方、ZEH仕様へ改修した
方などに補助金を給付しています。
補助金申請の必須条件として、ZEHビルダーとして認定されたハウスメーカーで建てることがあり
ます。
ZEHビルダーとはその会社が受注する住宅のうちZEHが占める割合を2020年までに50%以上と
する事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販
売者等のことをいいます。
補助金額は、70万円とされています。
また、蓄電システムを導入される場合、追加で最大30万円の補助金がもらえます。
しかし、必ずZEH住宅を建てると補助金がもらえるわけではありません。
応募は先着方式が多いです。
また、予算が決められていますので、募集戸数には限りがあります。
先着方式であっても、各ZEHビルダーに設定された1公募あたりの採択目安が設定されています
。そのため、各ZEHビルダーに補助が受けられるか確認する必要があります。
□まとめ
注文住宅をお考えの方は、ZEH住宅も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。
ZEH住宅の場合、光熱費を抑えることができるだけでなく、高性能な省エネ住宅として不動産の価
値を高めることができます。
ZEH住宅をお考えの場合は、ぜひ楽建舎にお問い合わせください。

関連記事