山梨県の注文住宅工務店「楽建舎
TEL:055-279-1133 FAX:055-225-4888

安心R住宅

「安心R 住宅」とは?
不安・汚い・わからないといった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、安心して購入するための基礎的な条件を備えた「住みたい」「買いたい」と思える既存住宅です。また、耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅に対し、国の関与のもとで事業者団体が標章(マーク)を付与するしくみです。

「安心R住宅」の特徴

● 新耐震基準等に適合し、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合
● リフォームを実施するかリフォーム提案を付ける(建築後、極めて短いものは不要)
● 建築時の適法性や認定、維持保全、保険・保証、省エネルギーなどの情報を開示

基礎的な品質があり「安心」
● 新耐震基準等に適合
● インスペクション(建物状況調査等)の結果、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合
リフォーム工事が実施されていて「きれい」
● リフォーム工事によって従来の既存住宅の「汚い」イメージが払拭されている。
● 外装、主たる内装、水廻りの現況の写真がある。
● リフォーム工事を実施していない場合は、費用情報を含むリフォーム提案書がある。
情報が開示されていて「わかりやすい」
● 広告時に設計図書、点検記録など物件選びに役立つ情報の保管状況が示され、さらに商談時に仲介業者へ依頼すると詳細な情報が開示される。

「安心R住宅調査報告書」とは?
安心R住宅調査報告書とは、宅地建物取引業者(報告者)が、既存住宅について安心R住宅の基準に適合しているか調査し、その結果を記載した書面です。
安心R住宅調査報告書により、耐震性、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準への適合、リフォーム工事の実施状況のほか、当該住宅に関する書類(建築時の情報、維持保全の状況に関する情報、保険・保証に関する情報、省エネルギーに関する情報など)の「有」「無」「不明」*1 の別がわかります。さらに、この報告書で「有」とされた情報については、詳細について宅地建物取引業者に開示を求めることができます。
なお、安心R住宅調査報告書の様式は登録事業者団体*2 ごとに異なる場合があります。また、安心R住宅調査報告書は宅地建物取引業者が確認した結果を記載したものであり、情報の正確性について登録事業者団体や国が保証するものではありません。記載内容については、売買契約前に住宅購入者自身で確認してください。

*1 この場合の「不明」とは、広告開始時点では売主等による情報の保管状況を把握できなかったことを表します。
*2 特定既存住宅情報提供事業者団体登録規程に基づき国土交通大臣の登録を受け、「安心R住宅」の標章の使用を許諾された団体をいいます。

「安心R住宅調査報告書」で提供される情報

大項目 中項目 小項目
建築時の情報 適法性に関する書類 確認の申請書及び添付図書・確認済証・検査済証・台帳記載事項証明書・法適合状況調査報告書 等
認定等に関する書 長期優良住宅認定通知書・認定長期優良住宅建築証明書・低炭素建築物新築等計画認定通知書・認定低炭素住宅建築証明書 等
認定等に関する書 長期優良住宅認定通知書・認定長期優良住宅建築証明書・低炭素建築物新築等計画認定通知書・認定低炭素住宅建築証明書 等
住宅性能評価に関する書類 設計住宅性能評価書・建設住宅性能評価書
フラット35適合証明書
竣工段階の設計図書
維持保全の状況に係る情報
〈共同住宅等は専有部分のみ〉
維持管理計画 長期優良住宅建築等計画 等
点検・診断の記録 建物状況調査結果報告書・定期調査報告書・認定長期優良住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録・浴室、便所、台所等の設備の使用の可否・給排水管、設備の検査結果・定期保守点検の結果・特定保守製品の点検の実施状況及びその結果 等
防蟻に関する情報
(戸建てのみ)
シロアリ検査結果報告書・防蟻処理の記録
維持修繕の実施状況の記録
住宅リフォーム工事・改修に関する書類
保険又は保証に係る情報 構造上の不具合及び雨漏りに関する保険・保証の書類 既存住宅売買瑕疵保険の申込み状況に関する書類・その他の保証
その他の保険・保証 給排水管、設備、リフォーム工事、シロアリ(戸建てのみ) 等の保険・保証
省エネルギーに係る情報 省エネルギー性能に関する書類 長期優良住宅認定通知書・認定長期優良住宅建築証明書・低炭素建築物新築等計画認定通知書・認定低炭素住宅建築証明書・設計住宅性能評価書・建設住宅性能評価書・基準適合認定制度のeマーク・BELS第三者認証マーク・住宅省エネラベル・CASBEE評価認証票・環境共生住宅認定書・フラット35S適合証明書 等
開口部(窓)の仕様に関する情報 複層ガラス・二重以上のサッシ 等
省エネ設備に関する情報 高効率給湯器・太陽光発電システム・太陽熱利用システム・家庭用燃料電池 等
共用部分の管理に係る情報
(共同住宅等のみ)
修繕積立金の積立状況に関する情報 管理に係る重要事項調査報告書(修繕積立金会計資産総額及び滞納額) 等
大規模修繕の実施状況の記録 管理に係る重要事項調査報告書(共用部分等の修繕実施状況) 等
その他の情報 住宅履歴情報を提供した機関に関する事項(機関名、問い合せ先等)・登録事業者団体毎の独自の取組(定期点検サービス、住宅ローンの金利優遇等)・過去に国、地方公共団体その他の団体から補助金等の交付を受けた実績に関する書類・建築時の販売価格に関する書類・建築時の設計・施工業者に関する書類 等

Q. 「安心R住宅」とは、どんな住宅なのですか。
A. 耐震性があり、インスペクション(建物状況調査等)が行われた住宅であって、リフォーム等について情報提供が行われる既存住宅をいいます。具体的には、以下の要件を満たすものです。
①耐震性等の基礎的な品質を備えている。
②リフォームを実施済み又はリフォーム提案が付いている。
③点検記録等の保管状況について情報提供が行われる。
これにより、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できるようにするものです。
Q. 「安心R住宅」の「安心」とは何を意味するのですか?
A. 「安心」とは、
①新耐震基準等に適合する。
②インスペクションの結果、構造上の不具合および雨漏りが認められず、既存住宅売買瑕疵保険の検査基準に適合していることを意味します。
建築基準関連法令等に明らかに違反している既存住宅は対象になりません。なお、現行の建築基準関係法令等への適合を保証するものではありません。また、将来にわたっての地盤の不同沈下や地震後の液状化について保証するものではありません。
Q. 「安心R住宅」の「R」とは何を意味するのですか?
A. 「安心 R 住宅」の「R」は、Reuse(リユース、再利用)Reform(リフォーム、改装)Renovation(リノベーション、改修)を意味しています。