わではじまる建築用語と建築専門用語集

建築用語集 「わ」

【ワイヤラス】
ワイヤは針金、ラスは網を意味し、針金状の網を意味する。モルタル塗りのとき、モルタルが下地から剥がれ落ちないようにするために用いられる。
【Yレベル】(わい―)
水準測量を行う際、水平視線を得るために用いられる機材。水平なアームの両端にY型の支架があり、この上に望遠鏡を取付ける。
【ワーカビリティー】
コンクリート打ち作業の難易度に関わるコンクリートの軟らかさの度合い。コンクリートに含まれる水分量だけでなく、調合がよく、よく練られ、打ち込む場所に適した軟らかさをもったものが良い。
【ワーキングジョイント】
目地の動き(ムーブメント変位)が比較的大きい目地。ムーブメントは部材の温・湿度変化により変形によって起こる。ワーキングジョイントでは、破断しやすい三面接着は避けた方がよい。ムーブメントの少ないものはノンワーキングジョイントとよばれる。
【枠組足場】(わくぐみあしば)
金属製で組立て式の足場。あらかじめ、ある程度の大きさの枠に作られた枠を工事現場で組み合わせてつくる足場のこと。組立て・解体が簡単で、確実に素早く足場の設営が可能。
【枠組壁工法】(わくぐみかべこうほう)
北米で開発された住宅用の建築物に用いられる工法。(2インチ)X(4インチ)の断面の木材や、(2インチ)X(4インチの整数倍整数倍)の断面長をもつ木材をメインに使い、釘打工法により壁全体を支える構造。ツーバイフォーともよばれる。
【和小屋】(わごや)
和風小屋組と同義。
【渡りあご(腮)】(わたりあご)
梁と梁のように2つの部材が直交する場所で用いられる。両材の相対する上下面に切り欠きを作り、かみ合わせる仕口。
【輪薙枘】(わなぎほぞ)
2枚または3枚の枘をつくり、取り付け部材を挟み込む形の枘。
【ワニス】
ニスともよばれる。樹脂(松やに、こはくなど)とボイル油(亜麻仁油)などを混ぜ合わせて作った液体。木材面の艶出しに用いられる。混ぜる油の量・樹脂の違いにより様々な種類に分けられる。
【和風小屋組】(わふうこやぐみ)
木造屋根骨組のひとつ。日本古来の構法で軸組みの上に小屋梁を乗せ、ここに束を立て、その上に母屋と棟木を置いて屋根を形成するもの。スパンが大きくなると、構造的欠陥が出てくるので、住宅などに用いられる。
【割栗石】(わりぐりいし)
岩石を打ち割って作った割栗地業に使われる石材。15cmから20cm径くらいの硬い石を小端立てに敷き並べて用いられる。

 

 

その他の建築用語はこちらかどうぞ

 

                   


                    

    楽建舎建築用語辞典トップへ

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00