うではじまる建築用語と建築専門用語集

建築用語集 「う」

【ウイングプレート】
鉄鋼造の柱脚部の鋼板で、柱からの応力をベースプレートに伝える。
【うえつけ仕上げ】(―しあ―)
仕上げ塗を平らにならしたのち、モルタルがやや固まったとき、小砂利または砂をうえつける仕上げ。
【ウェハーボード】
木片成形板(加工木材の一種)で構造用にも使用される。ウッドパーティクルボードともいう。
【ウェブ】
曲げ材において主として断力を受け持つ部分。一般的はI形断面材の中心部分。
【ウェブプレート】
組立材において、ウェブに鋼板を用いた場合、その鋼板をさす。
【内断熱】(うちだんねつ)
外壁、屋根などの構造体の室内側に断熱材を入れる断熱方法。外断熱に比べ冷暖房の立ち上がりはよいが結露しやすい弱点がある。
【打放しコンクリート】(うちはな―)
コンクリート面にタイル・モルタルなどの仕上げをほどこさず、型枠の木目などを残した表面を、そのまま仕上げとするコンクリートのこと。仕上げ費を節約するためのものでなく、型枠にかんながけをしたり、コンクリートも上質のものを豆板などができないように、特に注意して打込み、コンクリートの素肌そのものを仕上げとする。
【腕木】(うでき)
足場板を支持するために、布と布とに水平にかけ渡した丸太、またはパイプなどの足場材。柱・梁などから持ち放しで出した横木・桁などを支える部材。
【埋戻し】(うめもど―)根切りをし、基礎や地下工事を終えた後、掘った部分
に必要な部分まで土砂を埋戻すこと。
【裏あし】(うら―)
タイルの裏につけたリブまたは凹凸面のこと。接着をよくするためのもの。
【裏返し】(うらがえ―)
左官工事で、木舞壁の下地の一方から荒壁を塗った後、その裏側からもう一度荒壁塗りをすること。
【ウレタンシーリング材】(―ざい)
ウレタンを主原料とする合成樹脂の防水用の充填材。カーテンウォール、サッシなどの目的に使用する。



その他の建築用語はこちらかどうぞ

 

                   


                    

    楽建舎建築用語辞典トップへ

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00