ぬではじまる建築用語と建築専門用語集

建築用語集 「ぬ」

【貫】(ぬき)
柱や束などを貫く横材。
【抜取検査】(ぬきとりけんさ)
品質管理の検査方法で、全数検査に対比して用いられる語。検査の対象となる集団(検査ロケット)からサンプルを抜き取って試験・検査する方法。判定方法によって、計数抜取検査と量数抜取検査とに分けられる。
【貫伏せ】(ぬきぶ―)
木造建築の左官工事で荒壁を塗った後、柱や貫の周りの隙間を漆喰(しっくい)で塗ってふさぐこと。
【布基礎】(ぬのきそ)
柱列あるいは壁下に沿った細長く連続した基礎(連続基礎)。木造住宅に多く使われる。
【布丸太】(ぬのまるた)
丸太足場で横方向の丸太をいう。
【塗りしろ】(ぬ―)漆喰、モルタルなどの塗壁の塗付けの厚さをいう。

 


その他の建築用語はこちらかどうぞ

 

                   


                    

    楽建舎建築用語辞典トップへ

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00