黒檀 こくたん コクタン カキノキ科 (別名 エボニー、カマゴン)

 

黒檀の木を使う新築 注文住宅

 

 

インドネシア(セレベス島)を中心に東南アジア全域、アフリカの一部にも分布しています。
気乾比重は0.85から1.09です。
辺材は淡い赤色を帯び、心材は黒色と淡赤色をしています。
稀に真っ黒なものもあり、それを本黒檀又は真黒 (マグロ) と称し、縞杢を有したものを縞黒檀(シマコクタン)と言います。
非常に重く硬い材で、加工は困難です。
割れやすいので釘止めは無理です。
耐久性は非常に優れています。
耐朽性は大です。
家具材、唐木細工、仏壇、床柱、象嵌材、楽器材、工芸品などに使用されています。
また、ゴルフのクラブヘッドに用いられることでも知られています。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00