花梨 かりん カリン マメ科 (ナーラ、セナ、アンサナ)

 

花梨の木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地はフィリピン、インドネシア、ニーギニア、マレーシアです。
辺心材の区分は明瞭で、辺材は淡い黄白色、心材は黄褐色からやや紫色を帯びた赤褐色をしています。
一般に均一な色調を示すことは少なく、縞模様になることが多いです。
木理はかなり交錯し、強勒で硬いです。
木質は重く、肌目はやや荒いですが、切削、加工性は、比較的容易です。表面仕上は良いです。
ゆっくり乾かさないと乾燥によって狂いやすいです。
磨くと光沢が出て、美しくなります。
気乾比重は0.57から0.63です。
家具、器具、楽器など装飾的な目的で使われることが多いです。
また、建築材としては、床柱、床廻り材などに使用されています。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00