マンソニア アオギリ科

 

マンソニアの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地はナイジェリア南部、象牙海岸、ガーナなど、西アフリカ熱帯雨林の海岸地域です。
心材は紫色を帯びた黄褐色、灰褐色など不均一なことが多いです。
紫色の縞をもつこともあります。辺材は淡色です。
木理は通直で、肌目はやや緻密です。リップルマーク(波状杢)があります。
耐久性は高いです。切削などの加工性は良く、仕上がりも良好です。
但し、加工の際に粉塵でアレルギーを引き起こすことがあるので注意を要します。
気乾比重 は 0.57から0.75 です。
ウォルナットの代用として装飾的な用途で使用されることが多です。
家具、キャビネット、楽器、ツキ板などに用います。
(別名)ナイジェリアではオフン (Ofun) 、象牙海岸やカメルーンではベテ 、ガーナではアプロノ (Apronp)と呼ばれる。
また、商品名でアフリカンブラックウォルナットと呼ばれることもあります。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00