ヒッコリー  クルミ科 

 

ヒッコリーの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地はアメリカ東部です。
気乾比重は 0.83です。
特徴は辺心材の境界は明瞭で、辺材は白色、心材は淡赤褐色をしています。
木目は一般的に通っていますが、時に波状または不揃いの場合があります。
重硬な材で、強度にも優れ、特に衝撃吸収力が大きいです。
硬い材なので加工は難しいです。
また、ネジや釘の保持力は高いですが、割れやすいので事前に穴あけ加工が必要です。
木肌はやや粗いが表面はきれいに仕上がります。乾燥は難しく収縮率も大きいです。
用途は家具、キャビネット、 スポーツ器具、梯子、工具の柄などです。
特に、スキー板やドラムのスティックなどは有名です。
また、ゴルフクラブのシャフトにも使われていました。
(別名ブルームヒッコリー、レッドヒッコリー、スワンプヒッコリー )とも呼ばれます。

 

木の話

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00