マホガニー 【桃花心木】 センダン科

 

マホガニーの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地は中米及び南米です。

辺心材の区分は明瞭で、辺材は黄色っぽく、心材は淡紅褐色から淡橙褐色をしています。

金色の光沢があり、長い間、光にさらすと色合いが濃くなります。
また、柾目面にはリボン杢が現れることがあります。
材の加工性や寸法安定性、耐久性など優れています。
また、天然乾燥の速度も速く、狂いや割裂も少ないです。
気乾比重 は 0.65 です。
家具材、彫刻材、楽器、模型、内部装飾材など。
また、高級車のダッシュボードやハンドル、シフトノブなどにも伝統的に用いられています。
古くから世界的な銘木の一つで、特に欧米で高く評価されています。
ホンジュラス産の、いわゆる「ホンジュラスマホガニー」が最高級とされていますが、現在では伐採禁止にされています。
今では有用な造林樹種として、アフリカや東南アジアなどの熱帯地域で植栽されています

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00