メルサワ フタバガキ科

 

メルサワの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地は東南アジアからニューギニアに分布しています。
気乾比重は0.53から0.84です。
特徴は辺心材の差は明らかでなく、全体に黄白色から淡い黄褐色をしています。
桃色の縞を有することがあります。
木質はやや重硬で、木理は交錯し、肌目は粗い。耐朽性は低いです。
シリカを含み刃物の切れを悪くすることもあります。
用途は敷居、階段、床板などの建築用造作材、家具材、合板材などです。
縞を有するものはツキ板にして装飾用に使われます。
(別名)メルサワはマレーシアやインドネシアの名で、フィリピンではパロサピス 、
ベトナムではベンベン、カンボジアではプジック 、ニューギニアではアニソプテア
タイではクラバックなどと呼ばれています。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00