バドウク  マメ科

 

バドウクの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地は東南アジア、ニューギニア、ソロモン諸島などに分布しています。
日本への入荷量も多いです。
気乾比重は0.47から0.89です。
特徴は辺心材の境界は不明瞭で、材は淡褐色、桃色、赤褐色、濃黄褐色などです。
材に色むらがあります。
材質は、やや軽軟なものから重硬なものまであります。
木理は通直ないし浅く交錯し、肌目はやや木目細かいです。
接着性及び表面の仕上がりは良好です。
シリカを含むものもあり、切削などの加工が困難な場合もあります。
用途は家具材、建具材、建築材、装飾用内装材、造作材、楽器材などです。
日本の真樺 (マカバ) に似た材質をしており、その代用としての用途が多いです。
(別名)フィリピンではナトー、パプアニューギニアではペンシルシダー又はパラキウムと呼ばれます。俗名で南洋桜ともいいます。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00