イエローポプラ モクレン科

 

イエローポプラの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地はカナダ南部からアメリカの東部です。
辺材は乳白色、心材はオリーブグリーン色で光にさらされると褐色に変色します。
時に紫色、緑色・黒色などの縞をもちます。
木質はやや軽軟ですが、衝撃には十分に耐える強度を持ちます。
木理は通直で肌目は緻密で、乾燥性がよく、加工性にも優れています。
ペンキ、エナメル、ステイン等の塗料にもよく馴染みます。
気乾比重 は 0.42 です。
内装材、ドア、家具、合板、器具材、彫刻材などに利用されています。
ポプラという名前が付くがポプラとは縁遠く、日本のホオノキと同じモクレン科です。
花がチューリップに似ているのでチューリップツリーと呼ばれます。また、葉が半纏(はんてん)の形に似ているので日本では半纏木 (ハンテンボク) とも呼ばれています。
米国全土の広葉樹の立木の約28%を占めており、成長が早く、継続的に材が供給可能とされています。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00