ローズウッド  マメ科  (別名 シタン【紫檀】)

 

ローズウッドの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地は世界の熱帯から亜熱帯に分布し、ブラジル産のブラジリアンローズウッド
(現地名ハカランダ・ジャカランダ)、中米産のココボロ(Cocobolo)、東南アジア産の
イーストインディアンローズウッド、いわゆる典型的な紫檀と、 手違紫檀と呼ばれる
チンチャン(Ching-chan)などがあります。
気乾比重は1.04 です。
特徴は辺心材の差は明瞭です。辺材は白っぽい淡色、心材は赤紫褐色から紫色を帯びた暗褐色を呈し、黒紫色の縞模様をもつことです。
木理は交錯し、木質は緻密であるが肌目はやや粗いです。
磨くと美しい光沢がでる。重硬のため乾燥・加工性に難があります。
耐朽性は極めて大きいです。
用途は高級家具材、指物、唐木細工、象嵌、突き板、ナイフの柄などです。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00