タイワンヒノキ ヒノキ科

 

タイワンヒノキの木を使う新築 注文住宅

 

 

原産地は台湾の北部および中部の高地に分布しています。
気乾比重は0.48 です。
辺心材の区別はやや不明瞭で、辺材は淡黄白色、心材は淡い黄褐色でやや赤味を帯びています。
木理は通直。肌目は緻密で光沢があります。心材の耐久性は特大です。
日本のヒノキよりやや重硬で、脂分が多いです。
日本の檜の代用品としてひろく使用されています。
とくに寺社建築では、大径長尺材がとれるのでよく使われます。
美麗な杢のあるものは化粧用材として賞用されます。

 

木の話

 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00