なではじまる建築用語と建築専門用語集

建築用語集「な」

【内装制限】(ないそうせいげん)
初期火災の成長を抑え、火災時に発生するガスなどを抑えるための建築物の内装(壁と天井の仕上材料)に対する制限。特殊建築物・階数3以上の建築物。無窓の居室を有する建築物・火気使用室などの内装には、不燃材料・準不燃材料などの防火材料を用いることが義務付けられている。
【内部結露】(ないぶけつろ)

室内外の水蒸気圧差によって、壁体や屋根の中を通過する水蒸気が、
低温部分でせき止められることによって水敵を発生する現象のこと
【中桁】(なかげた)
木造階段の幅が1m以上になったとき、その中央に設ける補強材である。相当強い角材を用いる。
【中敷居】(なかじきい)
押入れなどの敷居と鴨居の間に、襖などを上下にたてるために設ける。中段の敷居をいう。
【長手積】(ながてづみ)
れんがなどの長手方向を表にだして積む積み方。
【長屋】(ながや)
横に細長い形の建物の意から転じて、住戸が相互に壁のみを共有して横に連続した形式の集合住宅(長屋建住宅)を指すようになった。連続住宅と同じ意味。
【流れ造り】(なが―づく―)
神社本殿形式の1つ。平安初期に仏教建築の影響を受けて成立したと考える。切妻造りで平入り、屋根には緩やかな反りを付け、前面の屋根は流れるように延びている。全国的に多く分布している形式で、下賀茂神社本殿(京都)などがその例である。
【中廊下型】(なかろうかがた)
両側に部屋があり中央に廊下が通っている形式のこと。この廊下形式では、廊下の採光のための窓を設けることができない。また廊下と直角方向の通風がとれず、火災時の排煙上にも問題がある。
【なぐりづら】
柱や梁の面を、手斧(ちょうな)のけずりあとを残して仕上る方法。
【長押】(なげし)
柱を両面から挟みつけて釘で固定した横材の総称。古くは構造材であったが、現在では意匠材となった。
【ナット回転法】(―回転法)
鉄骨部材を高力ボルトで接合する際に高力ボルトの導入軸力量をネジの原理に基づいたナット回転量で判定する方法。溶融亜鉛めっき高力ボルトを締め付ける場合は、この方法による。また、通常のJIS型高力ボルトの締め付けにも用いることができる。
【生コンクリート】(なま―)
一般に「生コン」と呼んでいるが、正式の名称はレディーミクストコンクリート(JIS A 5308)である。コンクリート工場で調合し、ミキサートラックで練り混ぜながら現場へ持込み、すぐ打込めるようにしたものである。
【鈍し鉄線】(なま―てっせん)
鉄線を焼き鈍し、あるいは焼き均したもの。仮設工事における丸太、型枠などの緊結に使われる。
【なんきん落し】(―おと―)
面付けにする上げ落しで、普通は扉の上下別々に取付けるが、くさりを引いてボルトを引出すものと、扉または窓・障子と同じ高さの棒を取付け、握り玉またはレバーハンドルによって上下同時に掛け外しできるものとがある。
【軟鋼】(なんこう)
0.15-0.28%の炭素を含む鋼で、引張り強さは350-510N/平方mmである。建築工事に使われる鉄骨、鉄筋などの鉄材はほとんど軟鋼である。
【軟練り】(なんね―)
コンクリートなどで、比較的軟らかい練り方のもの。
【難燃材料】(難燃材料)
通常の火災による火熱の加熱開始後5分間不燃性能(燃焼しない、防火上有害な損傷を生じない、屋内では避難上有害な煙やガスを発生しない)を有するものとして国土交通大臣が定め、または認定した建築材料をいう。難燃合板・難燃繊維板・難燃プラスチック板などがある。不燃材料や準不燃材料は性能的にみて難燃材料に含まれる。



その他の建築用語はこちらかどうぞ

 

                   


                    

    楽建舎建築用語辞典トップへ 

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00