くではじまる建築用語と建築専門用語集

建築用語集 「く」

【杭間ざらい】(くいま―)
杭を打ち終り割栗石を敷く前に、杭の間の土をさらいとって、ならすこと。
【隅角部】(ぐうかくぶ)
壁面が折曲っている部分で、室内に対して外に折曲っているものを出隅(でずみ)、内に折曲っているものを入隅(いりずみ)という。
【空気調和設備】(くうきちょうわせつび)
空気調和のための設備で、空気を冷却または加熱、加湿または除湿する装置を有するほか、塵埃除去のための装置などから構成される。
【管柱】(くだばしら)
階上と階下が胴差(どうざし)で、区切られている柱を管柱という。これに対して、上下階に1本で通っている柱を通柱(とおしばしら)という。
【沓摺】(くつずり)
出入口の下方の枠。
【くど造り】(―づく―)
棟をいくつかに分割した、U字型またはL字型の屋根を特徴とする民家。佐賀県筑紫平野に見られる。背後から見た家の形がくど(かまど)に似ていることから、こう呼ばれた。
【組子】(くみこ)
障子や欄間などの格子組や、建具などで桟より細めの部材で構成したものをいう。
【組立梁】(くみたてばり)
一般に形鋼を組合せて作った梁で、形鋼だけでは小さすぎる場合に用いる。組立梁はフランジとウェブの2つの部分からなり、ウェブの種類によって、プレート梁、梯子梁、ラチス梁、トラス梁の4つの種類がある。
【グラウト】
ひび割れや空洞部分などの充填に用いられる軟らかいセメントペーストまたはモルタル・ベントナイト水・薬液などの総称。
【グラスウール】
短いガラス繊維の集合体で、保温材・吸音材として使用される。
【グラスファイバー】
ガラスを細い繊維状にしたもので、グラスウール・グラスシルクなどがある。断熱材・吸音材・プラスチックの補強材などとして用いられる。
【グリッパー】
カーペット施工において、グリッパー工法で使用する上向きに釘の先端部が多数突きだした突起部分をもつ木製の部材を指す。
【クリープ】
材料に長い期間にわたって力が加わっていると、最初は少ししか変形していなかったものがだんだんに大きく形が変わってくる。このように、特に力を増さないのに長期間のうちに進む変形のことをクリープという。
【クリンカー】
焼塊ともいい、セメント原料を回転窯で焼成してできた鉱物を急冷したもの。粉砕するとポルトランドセメントになる。
【クーリングタワー】
水を利用する冷却設備で、冷却水の奪った熱を空気中に放散させるために屋外に設ける冷却塔のこと。
【グルーラム】
集成材のこと。グルーラミネイテッドティンバーの略。
【グレイジングビート】
ガラスをサッシに取り付ける際に用いるグレイジングガスケットの一種。サッシのガラス溝にはめ込む合成ゴム製や塩化ビニール製のクッションで、水密性や気密性を高める。
【黒ガス管】(くろ―かん)
亜鉛めっきをしていない配管用の鋼管で、単に黒管とも呼ばれ、主に蒸気管に使用される。
【群杭】(ぐんぐい)
2本以上が力学的に相互に影響し合いながら1群となって構造物を支えている杭


その他の建築用語はこちらかどうぞ

 

                   


                    

    楽建舎建築用語辞典トップへ

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00