健康住宅 子育て住宅 子育て支援 山梨県 新築 施工例

健全な成長/子供の健康と成長を配慮した住まいへ

 

子供がのびのびと成長できる空間へ 子供がのびのびと成長できる空間へ

 

室内環境の制御のしやすさ及び子供の目線の高さに配慮 外部に面する窓は、
 子供による室内環境の制御のしやすさ及び子供の目線の高さに配慮しよう!

●外部空間を視認できるとともに、通風に配慮した窓を設ける。

子供にとってのつかいやすさに配慮 子供にとっての使いやすさに配慮しよう!

●電気のスイッチは子供にとって使いやすい高さ(おおむね1m)とし、
 オンオフが簡単に出来るワイドスイッチを採用する等の配慮が必要。
●力の弱い子供でも使いやすいように、扉の取っ手はレバーハンドル等の
 開閉が容易なもの、水栓金具はレバー式等の操作しやすいものとする。

可変性に配慮した配置、間取りにしよう 世帯人数の変化や子供の成長に対応するため、
 可変性に配慮した配置、間取りにしよう!

●間取りの変更に対応可能な構造とすることや、増築に対応できる配置とする。

可変性に配慮した配置・間取りにしよう

幼児がほふくできる安全でゆとりのあるスペースを確保 幼児がほふくできる安全でゆとりのあるスペースを確保しよう!

●居間、食事室、和室を隣接配置とするなど、ゆとりのあるスペースを確保する。

成長に対応可能な収納スペースを確保 子供の成長に対応可能な収納スペースを確保しよう!

おもちゃなどの収納

 

●収納スペースは、住戸面積の8%以上確保する。

収納スペースを確保しよう

 

空気環境に配慮しよう 内装材や家具、接着剤、塗料等の材料は、
 含有する化学物質の少ない材料とするなど、空気環境に配慮しよう!

●内装及び天井裏等への使用材料が、日本住宅性能評価方法基準の
 ホルムアルデヒト対策等級3を満足することとともに、換気対策も満足させる。

外部からの騒音に配慮しよう 外部からの騒音に配慮しよう!

●工場や道路などの騒音源に隣接した土地の場合には、
 性能評価基準の「騒音の伝わりにくさ」の等級3を満足させる。

年齢に応じた子供の居場所に配慮しよう 年齢に応じた子供の居場所に配慮しよう!

●成長期の子供の発育には、早寝早起きの規則的なリズムが必要なため、大人の生活リズムの
 影響を与えないよう、リビングのテレビ音などが子供部屋に届かない等の配慮が必要。
●住まいは子供がはじめて木や土といった素材に触れる体験の場のため、
 本物の素材、無垢の素材を活かした住まいづくりや家具の選択により、
 子供が本物の感覚を体験し、好奇心や創造性を育むことが期待できる。

子供部屋 子供部屋の必要性

 

 

ライン

安心住宅   ふれあい住宅   子育てに配慮した住宅へ

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00