色見本 カラー 色彩 インテリアコーディネート ブラウン 茶

ブラウン
茶色は自然の色で、土や岩、木の幹など、いつでも目に入ってきます。
私たち日本人にとっての癒しの空間は、和室の茶や、ベージュ色に囲まれた木材建築ならではのものでしょう。
また、皮膚や髪、目の色を指し、動物の毛皮や鳥の羽の色でもあります。
緑の葉が朽ちると茶色に変色します。
「朽葉色(くちばいろ)」「枯草色(かれくさいろ)」は、茶色く変色した落ち葉や草の色を表します。「煙草色(たばこいろ)」も、煙草の葉を乾燥させた色です。

欧米には、コルク樫の表皮の色を表した「コルク」の色名もあります。
緑はエコロジーを象徴する色ですが、茶は緑を引き立てる役割を果たします。茶は、緑に次いで自然を象徴する色といえます。


茶のイメージ
茶の色は自然界や人間の暮らしの中で眼に入るもので、日本建築に使われる木材、あるいは壁の土の色、焼物などに見られます。
茶色という表現は日常に飲む習慣となったお茶の色からきたものです。
飲料の茶は、古くは煎じ薬として中国からもたらされ、本格的な茶の栽培は鎌倉以後で、京都栂尾の高山寺に請求したことに始まります。
江戸期には朝廷・幕府・大名の御用茶として専業の茶師の制度まで生み出し、それにともなって農民や庶民にも飲茶の習慣が広まりました。
それが今、私たちが飲んでいる煎茶、焙じ茶、番茶の類であったため、「茶色」という表現が広まったと考えられます。


カラー心理
色彩心理の面では、茶色は堅実的で安定性の志向を促す色です。
マイペースの感覚が強くなり、何事も地に足がついた現実主義になる色です。
自分のペースと社会のペースを見つめた上で、自分のペースを守ることができます。
その反面、遊び心や精神的なゆとりをなくしやすいという特徴もあります。
また、周囲の人に対し「この人でなければ…」といった誠実な印象を与えたり、
安定した関係性を築く効果があります。


茶色を好む人
この色を好む人は、夢にむかって冒険したりチャレンジするよりも、安定した生活が一番だと考える堅実な人が多いようです。
また、変化を好まず、精神面よりは物質面での豊かさや、健康といったものに重きをおく人が多いようです。時には、堅実な思考をするあまりに地味な存在だったり、自分のペースを守ろうとするあまりに孤独になりがちな傾向にあります。


マーケティングで使われる茶
マーケティングの面で茶色は、「ナチュラル」「安心」というイメージを人に与えます。
従って茶色は、安心感を消費者にアピールする商材に向いています。茶色は枯葉を連想させるので、秋をイメージさせる場合に効果的です。
秋の食材で、「豊潤」「実り」など味わい深いイメージと結びつけたい場合に茶色は有効なのです。また、茶色はリラックスさせる色なので、お茶、コーヒー、ココア、ビスケット、チョコレートなどの茶色は、癒しの一時を与えてくれます。

キーワードとしては、「しっとり」「ナチュラル」「落ち着いた」「地味」「豊潤」「実り」「深い味わい」「安定感」「おいしさ」などがあります。


それぞれのカラーをクリックしてみてください。

 

ピンク
ピンク
赤
レッド
オレンジ
オレンジ
イエロー
イエロー 

グリーン
グリーン
ブルー
ブルー
パープル
パープル
グレー
グレー
ゴールド シルバー
ゴールド・シルバー

住宅のカラーコーディネイトへ戻る

楽建舎ニュース

ブログ最新

    注文住宅

    会社紹介

    らっけんしゃです

    有限会社 楽建舎

    〒400-0115

    山梨県甲斐市篠原3090-8

    tel 055-279-1133

    fax 055-225-4888

    メールでのお問い合わせ365日24時間受け付けております

    営業時間

    9:00-19:00