注文住宅ならZEH!その費用は?|山梨県の工務店楽建舎が解説します

ZEHって何?費用はどれくらい?」

ZEHの注文住宅にすることによるメリットは?」

とお思いの方は、多いのではないでしょうか。

住宅の種類として「ZEH(ゼッチ)」と呼ばれるものがあります。これから注文住宅を建てることをお考えの方は、名前は聞いたことはあっても、その詳しいことまではわからないのではないでしょうか。

そこで、今回は「ZEHとはなんなのか、建てる費用」について紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

ZEHって何?】

ZEHは、「ゼロ・エネルギー・ハウス」といい、省エネルギーに加え、「創エネルギー」をする住宅であり、年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指している住宅のことをいいます。

【かかる費用】

ZEHの目指す、エネルギー収支ゼロには、「断熱」・「省エネ」・「創エネ」の3点を実現する必要があります。特に、省エネに関しては、従来の省エネ基準のよりさらに20%以上を満たさなければいけません。

○高断熱建材を使い、高性能設備機器を整備しなければならない

これらの設備を備えるにはトータルで250万円~300万円必要であるといわれています。

しかし、ZEHにするのに必要となる追加費用には、国から一律125万円の補助金を受けられるので、実質負担する金額は125万円~175万円です。

○太陽光発電システムの導入

ZEHには「創エネルギー」が必要であることは既に述べましたが、これをする具体的な方法は主に太陽光発電システムの導入です。

標準的な出力4kWシステム導入するには、140万円程度かかります。

つまり、ZEH仕様の住宅にするための追加費用は、実質トータルで265万円~315万円程度であると言えます。

一見割高に見えますが、季節を問わず、エアコンに頼ることなく過ごせるのは魅力的ではないでしょうか。

【光熱費はどれくらい節約される?】

ZEHはその家の電力をその家で創出できるわけですから、光熱費を安くすることができます。

経済産業省資源エネルギー庁資料によると、大体同じくらいの大きさの賃貸マンション(築38年)とZEHの戸建ての光熱費を比べてみると、年間光熱費が16万円~20万円削減されることに加えて、余った電力を売ることで、年間光熱費が+2万円なることが示されています。

そのため、光熱費が年間20万円の削減されると考えると、約13年~15年で初期費用の元が取れるということになります。

以上、ZEHにかかる費用について紹介いたしました。

新しく注文住宅を建てるとなると、家のことについてよく調べてからどんな家にするか検討したいものですよね。

ZEH住宅・注文住宅についてもっと知りたいという方は、一度山梨県の工務店楽建舎に相談してみてはいかがでしょうか。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-07-20 | Posted in ZEH(ゼッチ)No Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう