住むだけで節約できるzeh住宅の費用とは!?|山梨県の工務店が解説する注文住宅

「家は購入したいが、将来的にできるだけ節約をしておきたい」

「家を安く購入する方法はないだろうか」

家の購入は家計に大きな負担を与えます。

家を購入するなら、良い家をできるだけ安く購入したいですよね。

安く建てられる家を探していく中で、「zeh(ゼッチ)住宅」という言葉を耳にした方もいらっしゃるかもしれません。

このzeh住宅は現在、節約できる家として話題沸騰なのです。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は、気になるzeh住宅の初期投資費用と、どれほど節約できるのかについてお話しします。

zeh住宅について

zeh住宅とは、「net zero energy house」の略称で、消費する電力を生み出す家のことをいいます。年間の消費電力と、創電力を相殺してゼロにできるため、住んでも光熱費が全くかかりません。

しかし、どうしてそのようなことが可能なのでしょうか?

それは、家自体を省エネ構造にすることで消費電力自体を削減し、太陽光パネルを設置して必要分の電力を自給自足で生み出すシステムが出来上がっているからです。

屋根や床、壁の断熱性能を高め、風や光の入りやすい設計にすることで、年中室内温度を一定に保ちます。温度が一定に保たれることにより、空調にかかる電力をカットすることができます。

また、空調や照明、給湯をするのにかかるエネルギーを最小限に抑えるために、省エネ効果の高い設備やシステムを活用します。これで、より効率的に電気消費を節約できます。

このような省エネ対策をして抑えられた消費電力を、太陽光発電で創り、まかなうというシステムです。

・ 初期投資費用

一般的に、従来の住宅の初期投資費用は2000万円ですが、zeh住宅の初期投資費用は2500万円ほどかかります。

初期投資では、zeh住宅が500万円高いことがわかります。

・ どれだけ節約できるの?

一般的な住宅では、年間の電気代が30万円前後かかるといわれています。

省エネ住宅でなければ、もっと高額になります。

しかし、zeh住宅は光熱費がゼロです。4kWの太陽光発電を設置した場合は、むしろ年間9000円ほどの利益が見込めるというのです。

では、何年間暮らせばzeh住宅の方が安くなるのでしょうか?

初期投資で500万円の差があること、年間30万節約できることを考えると、17年以上住めば元をとれる計算になります。それ以降は逆に得をするということになります。

今回は、zeh住宅の特徴と節約費用についてお話ししました。Zeh住宅は、年度や自治体に応じて金額は変わりますが、100万円前後の補助金が至急されます。それを含めると、圧倒的にzeh住宅がお得なのがわかります。

また、太陽光発電をしているため、環境にもとても優しい構造といえます。

将来的にもできるだけ節約をしたいと考えている方は、zeh住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう