.注文住宅は家事動線を考えよう!平屋のススメ|山梨県の工務店が解説

生活していく上で重要なのは動線です。

家をどれだけ動き回るのか、よく使う場所はどこなのかを意識しておくだけで、暮らしやすさはもちろん、光熱費の節約もできます。

そこで今回は、おすすめの家事動線を意識した間取りの特徴と、平屋がおすすめなワケをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○ 家事動線はシンプルが鉄則!

家事するときに移動する時間や手間をなくしてしまうだけで、家事が楽しく楽になります。

キッチンではよく見かけると思いますが、L時型のキッチンは現在大人気です。

なぜこれほど人気なのでしょうか?

それは、一度に複数のことを実行できるだけの広いスペースが確保でき、行ったり来たりすることなく体をスライドするだけで、次の動作にうつることができるデザインになっているからです。

これも家事動線を意識したデザインです。キッチン内の動線がシンプルにするだけで、使いやすさはアップするのです。

この考え方はその他の家事動線でも重要です。洗濯機は一階にあるのに、物干し場は二階、もしくは離れた所にある、このようなつくりだと洗濯機と物干し場を行ったり来たりしなくてはならなくなり、かなり面倒です。

また、工事費用のことを考えたときに、水回りが離れた場所にあると水道管を個別で作らなければならなくなり、工事費が高くなってしまいます。

キッチンや浴室のように、ガス・電気管が必要な場所も同様です。生活配線が複雑になると、それに伴い工事費用も高額になるほか、月々の光熱費・水道費もかかりやすくなってしまいます。

暮らしやすさ・経済面から見ても、家事動線をシンプルにすることは非常に大切なのです。

○ 動線が良い間取りとは?

動線がシンプルな造りが重要なことはわかりますが、それを実現する為にはどんな間取りにしたら良いのでしょうか?

ここからは、動線を良くする間取りの2つの特徴をご紹介します。

・ 室内を歩き回れる造りを意識する!

動線を良くするには、動き回りやすいデザインを考えなければなりません。例えば、ウォークインクローゼットを取りつけるだけで、服選びや収納はかなり楽になります。

・ やることが多いものは優先して考える!

家事の中でも、料理と洗濯はやるべきことが多く、忙しい仕事です。

特に洗濯は、洗濯機に服を入れて洗い、それを取り出し、干して、それを取り込むというように、やらなければならないことだらけです。作業する場所が離れているだけで、かなりの負担がかかってしまいます。

そこで、洗濯機と物干場は近くに作るように初めからデザインしておきましょう。そうするだけで、家事の負担は格段に軽くなります。

このように、家事の中でも家事の中で作業が多いものから優先的に動線を考えると、くらしが快適になります。

これまでは、家事動線を意識した間取りについてお話ししてきましたが、このような使いやすい間取りを実現しやすいのは「平屋」です。

二階建てですと、家事の際の階段の上り下りが負担になってしまいます。今後一生を共にするお家となれば、家事導線をより強く意識して、快適な導線を実現できる平屋をご検討してみるのも良いかもしれません。

今回は、家事動線を意識した間取りと平屋がおすすめである理由をお話ししました。

お家とは、これから長い間生活を共にします。家事動線を意識するだけで、使いやすい、コストカットのできる素敵なお家を作ることができます。間取り・デザインでお悩みの方は、ぜひご相談ください。

Rakkensya.co

1799-1 TOMITAKESHINDEN KAI YAMANASHI 400-0113 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

2018-06-24 | Posted in 平屋, 注文住宅No Comments » 

関連記事

コメント
ありがとう