省エネ?エネルギー収支ゼロ?新築を建てるならZEH?メリットは?

「新築建てるなら省エネな家がいいよね。」

「新築建てるからには快適な家がいいな。」

このように思っている方は多いのではないでしょうか。

せっかく家を建てるのだから、省エネで節約しつつも快適な室内環境にできたら最高ですよね。

電力や石油、ガスなどの価格が不安定で高騰しつつある現代だからこそ、省エネを心がけることで節約やエコにもつながります。

 

そのような機能を住宅として備えているのがZEH(ゼッチ)です。

今回は、ZEHをご紹介してこうと思います。

 

◆そもそもZEHとは?

ZEHとは「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」と政府によって定義されています。

(経済産業省 資源エネルギー庁HP参照)

 

具体的には

・断熱性の高い住宅にすることで、エアコンなどを使わなくても夏は涼しく、冬は暖かい住宅を維持でき、省エネを実現。

・高効率な設備を導入することで無駄のないエネルギー使用を実現し、省エネを可能にしています。

・太陽光発電などにより、エネルギーを創る。

 

このように、自宅の消費エネルギーを自宅でまかない、収支ゼロを目指します。

 

◆ZEHにするメリットとは?

・ランニングコストがほとんどかからない?

ZEHにする最大のメリットはランニングコストがほとんどかからないことでしょう。

 

エネルギーを自宅で創り、消費するため、外部からのエネルギー消費は実質ほとんどゼロになるため、ランニングコストは抑えられます。

 

またそれだけでなく、創った電気が余れば売電することもでき、プラスを出すことも可能です。

これは長い目で見れば、大きなメリットでしょう。

 

・今なら補助金が出る?

経済産業省では「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上尾をZEHにすることを目指す」(経済産業省 資源エネルギー庁HP参照)としており、ZEHを推奨しています。

 

そのため今なら条件をクリアすると補助金を受けることができます。購入を考える方にとって大きなメリットといえます。

 

・体への負担も減る?

冬になるとリビングは暖かいけど廊下や浴室は極端に寒いなんてことありますよね。その状態が当たり前になっているご家庭もあるかもしれません。

 

しかし、その状態は「ヒートショック」という血圧の急激な変化を起こし、体への負担が非常に大きいのです。最悪の場合では死に至ることも。

しかし、ZEHの住宅では断熱機能が非常に高いため、家全体の温度の変化が小さく、「ヒートショック」を起こす可能性を低くできます。

家族の体を大切にするという点でメリットでしょう。

特に体の弱いご家族がいるご家庭には大きなメリットになると思います。

 

◆まとめ

いかがでしたか?

ZEHは初期費用が少し高くなってしまいますが、十分その価値はあるのではないでしょうか?

 

ZEHは家自体の性能が高く、快適な室内環境を実現できます。

家族にも家計にも優しいZEH、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか!

Rakkensya.co

3090-8 SHINOHARA KAI YAMANASHI 400-0115 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう