ハウスメーカーと工務店どっちがいいの?工務店のメリットや特徴を徹底解説!

「ハウスメーカーと工務店どちらがいいの?」

このような疑問を抱いている多は多いのではないでしょうか?

ハウスメーカーと工務店は新築工事を請け負っている業者の中でも特に選ばれることが多い会社です。

そのため、ハウスメーカーと工務店のどちらがベターな選択肢なのか知りたい方は多いと思います。

しかし、どちらが良いかを簡単に決めることはできません。

何故ならば、ハウスメーカーと工務店のどちらも強みと弱みを持っているからです。

例えば、ハウスメーカーの場合、住宅の質が一定なことや、大手ならではの安心感や信頼感など様々なメリットがあります。

しかし、その一方で、工務店よりも工事費用が高かったり、設計の自由度が少なかったりといったデメリットもありました。

重要なのは、自分が満足できる業者を選ぶということなのです。

今回は工務店のメリットとデメリットについてご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

 

■工務店とは?

そもそも、工務店とは主に戸建の住宅の建築を請け負う業者を指します。

ハウスメーカーとは対照的に、地場産業として地域に根付いたビジネスを行っていることろが多いようです。

ハウスメーカーはより多くの住宅を施行するため、家づくりをマニュアル化しています。

一方工務店の場合、設計から施行まで細かくお客様と話し合いをして決めていきます。

ハウスメーカーは住宅を顧客へ売るのに対して、工務店は一緒に作っていくといったイメージを持ってください。

■工務店のメリットとは?

工務店の最大のメリットは、工事費用がハウスメーカーよりも安く済むという点です。

工務店は宣伝や営業をあまり行わないため、広告費用が安く済みます。

また、モデルハウスを持っていない場合が多いので、モデルハウスの維持費も必要ありません。

このように家づくり以外にかかる経費を削減して、ローコストで住宅づくりを実現しているのです。

また、評判がよく、施行実績が多い工務店は、非常に高い技術力や豊富なノウハウを持っていることも珍しくありません。

その他、職人とお客様の距離が近いため、お客様の要望を取り入れてもらいやすいといったメリットもあります。

■工務店のデメリットとは?

大手のハウスメーカーよりも規模が小さい工務店は、社会的な信用では大きくハウスメーカーに劣ります。

また、地元に密着して事業を展開しているので、ネットでは評判や情報が集めにくいという欠点もあります。パンフレットさえ発行していない工務店も存在するので、どのような住宅になるのか分からないこともあるでしょう。

今回は工務店のメリットとデメリットについてご紹介しました。工務店にもハウスメーカーにもそれぞれにメリット・デメリットが存在します。

「何となく」の評判で決めてしまわないで、どちらの特徴もしっかりと押さえた上で選択するようにしましょう。

Rakkensya.co

3090-8 SHINOHARA KAI YAMANASHI 400-0115 JAPAN
TEL 055-279-1133 FAX 055-225-4888

関連記事

コメント
ありがとう